FC2ブログ

”霧(kiri)”

自分で楽しんだ登山の記録を思い出しながらもう一度楽しんで書いています。 このブログを見ていただいた人に山や自然に興味をもっていただき、そして好きになって頂ければとてもうれしいです。 更にコメントをいただけるとなおうれしいです。コメントは山行名をクリックすると一番下に投稿欄が出ます。
”霧(kiri)” TOP > 沢登り > 大山川

大山川

日程  :2015年11月19日
菜所  :大山
メンバー:みかんさん、ikukoさん、ucon
天気  :曇り
コース&タイム
P8:45→(ケーブルカー)→9:02大山寺(モミジ狩り)9:23→(ケーブルカー)→9:26下社→9:37二重の滝(入渓)→13:39稜線登山道→14:37下社→(女坂下山)→15:23P

大山川軌跡

記録
今回は大山寺のモミジを見ながら、秋晴れの中の涸棚の登攀を楽しみましょう・・・・との目論見で計画したが
モミジは確かに見事だったがここ数日来の雨で涸棚?は全部立派な滝になっていた。

DSC08196.jpg
市営の駐車場。 以前は600円だったけど今回は1000円になっていました。

DSC08205.jpg
今回はケーブルーカーで登ります。楽ちん楽ちん

PB194117.jpg
大山寺のモミジ。 見事でした。
でも毎年見ている仲間に言わせると少し時期遅れでイマイチとのこと。流石にツーの目は厳しい。

PB194133.jpg
ならば、上からきたら・・・・やっぱり見事ですが。

PB194114.jpg
モミジの落ち葉はどうだ!   雨にしっとり濡れているのでやっぱりイマイチとか。

PB194126.jpg
大山寺。こっちも見事だった。

PB194130.jpg
なにを祈っているのか?

PB194134.jpg
ケーブルカーの阿夫利神社下社駅。
今回初めてケーブルカーに乗りました。料金は片道通しで650円。中間の大山寺駅で途中下車できるらしい。
標高差300mとしては高いような気もするが・・・・最近の私にはありがたい。

PB194135.jpg
下社の黄葉も見事。

PB194139.jpg
二重の滝。ここから入渓します。

PB194148.jpg
通称”ハング滝” この辺りは涸棚のはずがしっかり滝になっていました。
以前は右側にある太い流木が滝に架かっていたので登りやすかったが誰が動かしたのか?余計なことを(怒)

PB194149.jpg
諦めきれずに眺めます。
あのシュリンゲに手が届けば・・・・届かない。 では仲間に尻をささえてもらえば・・・やっぱり届かない。 手前の斜めクラックに
カムを噛ませれば・・・今日はもっていない。ならば沢バイルをひっかけて強引に突破・・・・でも今日は身体が重いので無理!
といろいろエアークライミングを楽しんで最後にあっさりと巻きました。

PB194150.jpg
特にコメントしようがない写真だけど・・・長い目でアップしておいた方がいいような気がしたので。

PB194153.jpg
こっちも。
山は自然が相手で清々しい・・・とは言うけれど、実際はいろいろ気を遣うのです。特に弱者の私は!

PB194154.jpg

PB194155.jpg

PB194157.jpg

PB194158.jpg

PB194159.jpg

DSC08278.jpg

PB194163.jpg

PB194171.jpg

DSC08297.jpg
トイ状の滝。
チムニー登りで・・・・・でも濡れるから巻こう!

PB194172.jpg
やっと涸棚っぽくなって来たけど岩は濡れています。

PB194173.jpg

PB194177.jpg
右が山頂に続く本流だけど今日は左に行って標高差100mを楽くします。

PB194181.jpg
ガレを詰めます。

DSC08356.jpg
登山道に出ました。
大勢の登山者やハイカーがいました。

PB194188.jpg
登山道脇の真っ赤なモミジ。

PB194189.jpg
下社まで降りてきました。

end
関連記事
[ 2015/11/20 19:23 ] 沢登り | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ucon

Author:ucon
団塊世代前の自称”昔の山男”です。仕事に追いまくられている間は山どころではなかったけど、定年を機に青春を懐かしんでまた登り始めました。これからドンドン友達を増やして、青春を取り戻そうと目論んでいます。・・が、2年前に変人(片腎(腎臓を1コ切除))になってしまいましたので、ガンガンは無理だよな~~・・分かってはいるけど・・おまけに性格も悪いしな~
PCアドレス
ucon3@mg.scn-net.ne.jp
携帯アドレス
ucon-no-higuma@ezweb.ne.jp

ようこそ”霧(kiri)”へ
ご訪問いただいた回数
また来てください。