FC2ブログ

”霧(kiri)”

自分で楽しんだ登山の記録を思い出しながらもう一度楽しんで書いています。 このブログを見ていただいた人に山や自然に興味をもっていただき、そして好きになって頂ければとてもうれしいです。 更にコメントをいただけるとなおうれしいです。コメントは山行名をクリックすると一番下に投稿欄が出ます。
”霧(kiri)” TOP > 沢登り > 一ノ沢

一ノ沢

日程  :2015年12発9日
場所  :丹沢四十八瀬川一ノ沢
メンバー:(L)みかんさん、ikukoさん、うたちゃん、ucon
天気  :晴れ
コース&タイム
表丹沢県民の森P8:09→8:22黒龍ノ滝8:30→8:50西山林道(入渓) →9:54二股→14:35尾根→(右岸尾根)→15:38P
一ノ沢軌跡

記録
DSC08610.jpg
表丹沢県民の森の駐車場は平日なのに満杯だった。

DSC08611.jpg
駐車場入り口近くのここから一旦四十八瀬川に降りて対岸の一ノ沢出合に行きます。

DSC08612.jpg
一ノ沢に黒龍ノ滝と言うのがあってそこへの遊歩道が整備されています。

DSC08613.jpg
四十八瀬川を渡って

PC094331.jpg
一ノ沢の出会。
 小広い公園?のように整備されているが訪れる人は少ないようでなんとなくウラ寂びしい。

DSC08616.jpg
一ノ沢の右岸の小道を少し奥に入ると

DSC08617.jpg
黒龍の滝。

DSC08619.jpg
先ずは記念写真を パチリ

PC094343.jpg
滝から少し戻って右岸の斜面を西山林道に登る遊歩道もあるのだがどうもみかんさんは整備された遊歩道は嫌いなようで
左岸の踏み跡から西山林道に上がります。

DSC08633.jpg
西山林道。
以前は大倉から二股まで車で通行できたが、どういう訳か今は一般車通行止めになっている。

PC094346.jpg
西山林道から入渓。
なんの変哲もない典型的なやぶ沢の趣です。

DSC08651.jpg
小さな滝が出始めました。

PC094354.jpg

DSC08654.jpg
すぐに西山林道の支線の堀山林道に当たります。
上のトンネルが堀山林道の下を通る一ノ沢です。が、その手前にある浸食止めと見られる構造物があり、これが超えられない。

DSC08655.jpg
仕方なく少し戻って右岸の斜面を登って堀山林道に上がります。
このトラバースがかなり怖かった。

PC094353.jpg
このトンネルの上を堀山林道が通っています。これはトンネルを上流側から見たところ。

PC094358.jpg
トンネルのすぐ上流で二股になり、左俣に入ります。

PC094359.jpg
水はチョロチョロ程度に減りました。

PC094361.jpg
快適に登ってゆくと流木が立てかかった滝に突き当たります。

PC094364.jpg
これはちょっと無理!

PC094366.jpg
右側から巻きました。

PC094369.jpg
なんとなく小奇麗な沢形を登って行くと

PC094379.jpg
両岸が岩に囲まれてきました。

PC094383.jpg
正面に7,8mの涸滝。

PC094383.jpg
近づいて観察すると見えるところは登れそうだがその先が分からない。
ランニングも期待できず、行き詰まるとニッチもサッチも行きそうにないので巻くことにした。

PC094384.jpg
よいルートが見つからず結局右岸のボロボロの斜面を上がって30mロープ3ピッチで巻きました。

DSC08702.jpg
リードした流石のみかんさんも「ビビった!!」と言っていますた。
セカンド以降はアッセンダー&ゴボウなので怖くはないけど体力勝負。でも落石はビシバシなので注意。
後で滝を上から観察したら、直登した方がはるかに安全で早いことが分かりました。 
でも、だから沢は面白い。

PC094387.jpg
巻き終わって

PC094390.jpg
涸れた詰めを登ります。

DSC08709.jpg

DSC08711.jpg

DSC08712.jpg

PC094391.jpg
最後は檜の植林の中を一登り。

DSC08718.jpg
やっと右岸尾根上に出ました。

PC094395.jpg
計画した尾根を下るにはかなりの地図読みを求められます。
でもどこを下ってもロープは持っているし、林道にでるので問題はないけど。

PC094398.jpg
林道の予定通りの場所にでました。流石です。

PC094399.jpg
紅葉が綺麗。

DSC08730.jpg
駐車場に戻ってきました。

一ノ沢は短く小さな沢ですが一人前に野生の沢なのでルートや判断を間違うと手こずります。


END
関連記事
[ 2015/12/10 08:49 ] 沢登り | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ucon

Author:ucon
団塊世代前の自称”昔の山男”です。仕事に追いまくられている間は山どころではなかったけど、定年を機に青春を懐かしんでまた登り始めました。これからドンドン友達を増やして、青春を取り戻そうと目論んでいます。・・が、2年前に変人(片腎(腎臓を1コ切除))になってしまいましたので、ガンガンは無理だよな~~・・分かってはいるけど・・おまけに性格も悪いしな~
PCアドレス
ucon3@mg.scn-net.ne.jp
携帯アドレス
ucon-no-higuma@ezweb.ne.jp

ようこそ”霧(kiri)”へ
ご訪問いただいた回数
また来てください。