FC2ブログ

”霧(kiri)”

自分で楽しんだ登山の記録を思い出しながらもう一度楽しんで書いています。 このブログを見ていただいた人に山や自然に興味をもっていただき、そして好きになって頂ければとてもうれしいです。 更にコメントをいただけるとなおうれしいです。コメントは山行名をクリックすると一番下に投稿欄が出ます。
”霧(kiri)” TOP > 岩登り > (仮称)勘七ノ沢左俣

(仮称)勘七ノ沢左俣

日程  :2015年12月15日
場所  :丹沢 四十八瀬川 勘七ノ沢 (仮称)左俣
メンバー:みかんさん、ikukoさん、かとりんさん、ucon
天気  :曇り時々晴れ
コース&タイム
表丹沢県民の森駐車場7:37→8:03二股→(小草平尾根)→8:53勘七ノ沢の沢→8:27左俣出合→9:53下の大滝11:39→
12:59上の大滝13:43→14:25小丸尾根登山道→15:33二股→15:54P
軌跡勘七左

記録
DSC08737.jpg
一週間前は満杯だった駐車場も今回は私たち以外は1台だけだった。
紅葉も散ってしまったし・・・・でも冬枯れの山もそれはそれでいいのにね。

DSC08748.jpg
今回は(仮称)勘七ノ沢の左また狙いなので滝場をスキップして途中まで小草尾根の登山道を行きます。
それにしても歩き方が「お疲れ~」ですね。

DSC08753.jpg
ここから勘七ノ沢に降ります。多分F4まではパスしていると期待しています。

DSC08755.jpg
勘七ノ沢本流。10日前よりちょっと水が多いように感じました。

DSC08770.jpg
(仮称)左俣の出会。

DSC08772.jpg
入るとすぐに滝が現れます。期待できそうです。

DSC08773.jpg
ゴルジェを登ります。

DSC08775.jpg
なにやら遠くに大物がチラチラ。

DSC08779.jpg
近づくといい雰囲気。

DSC08780.jpg
見えるとこだけで10数メートルの直瀑。

DSC08783.jpg
じっくり眺めてみるが・・こりゃ無理だわ!

DSC08784.jpg
どうなるかわからないけど なにはともあれ記念写真。

DSC08788.jpg
あちこち探したがここしかなさそう。

DSC00106.jpg
恐々!です。とにかくあの木まで頑張らねば。

DSC08795.jpg
なんとか樹林帯に入れました。

ktn-DSC01657.jpg
・・・・リードが必死に頑張っているのに後続はこれだよ!(怒) セルフはとってあるだろうね! でも楽しそう。

DSC08796.jpg
さっきの滝を望見すると、やっぱり下からは半分しか見えなかったようです。

DSC08801.jpg
トラバース。チェーンアイゼンが頼もしい。

DSC08803.jpg
ここから落ち口に懸垂で降りました。 ここまで30m×3ピッチでした。

DSC08805.jpg

DSC08808.jpg
ミニゴルジェ

DSC08810.jpg
次から次と登れる滝が続いています。

DSC08812.jpg

PC154426.jpg
ガバガバだけど立ってるな~

ktn-DSC01685.jpg
ここはアンザイレン、サッ 行くよ!

ktn-DSC01687.jpg

DSC08818.jpg

DSC08819.jpg

DSC08823.jpg
これは登れずギブアップ。代わってかとりんさんがリードしてくれました。

ktn-DSC01701.jpg
こっちはお気楽、ハイ!ポーズ!

DSC08831.jpg

ktn-DSC01715.jpg
最後はみかんさん。

DSC08833.jpg
古い堰堤が見えてきました。

DSC08837.jpg
堰堤帯というような場所に出ました。

DSC08840.jpg
基本的に右側のザレザレを越えてゆきます。

DSC08842.jpg
おっ! 大きな滝だ!

DSC08846.jpg
近づくにしたがって高さが際立ってきます。

DSC08847.jpg
もちろん諦めて、巻き道探し。

DSC08851.jpg
右側から行くことにしました。

DSC08855.jpg
木の生えた脆い岩を落石に気を付けながら。

DSC08856.jpg
30m×2ピッチで滝上に出ました。滝の高さは推定で30mくらいあったか?

DSC08858.jpg
滝の上は穏やかな詰めの雰囲気です。

DSC08859.jpg
ところどころに出てくる小滝を超えて。
こんな源流なのにまだ水があります。

DSC08861.jpg
さすがに水はなくなりました。

DSC08862.jpg
また石積み堰堤。

DSC08867.jpg
「そろそろ左に上がって小丸尾根の登山道に出ようよ」などと言いながら。

PC154429.jpg

DSC08872.jpg
ゆるやかな斜面を選んで尾根に向かいます。あの上が尾根で登山道のはず。

PC154460.jpg
小丸尾根の登山道に出ました。

DSC08879.jpg
「今日の歓喜に足取り軽くくだりゃ・・・・早や真近・・トコズンドコズンドコ」と! 

DSC08882.jpg
二俣(林道)に戻ってきました。

この左俣は思い付きで入りましたが小沢にも係らず大きな登れない滝が2つあり、巻きをたっぷり楽しみました。
その間には登れる小滝も多く、最後は小丸尾根登山道にでて下山も容易なのでもっと人が入ってもいいのに? 

end
関連記事
[ 2015/12/15 21:03 ] 岩登り | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ucon

Author:ucon
団塊世代前の自称”昔の山男”です。仕事に追いまくられている間は山どころではなかったけど、定年を機に青春を懐かしんでまた登り始めました。これからドンドン友達を増やして、青春を取り戻そうと目論んでいます。・・が、2年前に変人(片腎(腎臓を1コ切除))になってしまいましたので、ガンガンは無理だよな~~・・分かってはいるけど・・おまけに性格も悪いしな~
PCアドレス
ucon3@mg.scn-net.ne.jp
携帯アドレス
ucon-no-higuma@ezweb.ne.jp

ようこそ”霧(kiri)”へ
ご訪問いただいた回数
また来てください。