FC2ブログ

”霧(kiri)”

自分で楽しんだ登山の記録を思い出しながらもう一度楽しんで書いています。 このブログを見ていただいた人に山や自然に興味をもっていただき、そして好きになって頂ければとてもうれしいです。 更にコメントをいただけるとなおうれしいです。コメントは山行名をクリックすると一番下に投稿欄が出ます。
”霧(kiri)” TOP > トレーニング > 丹沢広沢寺周辺

丹沢広沢寺周辺

日程  :2016年1月4日
場所  :広沢寺周辺
メンバー:みかんさん、midoriiさん、ヤビツさん、ucon
時間  :i9:30~16:00
想定内容:沢登りでリードー者が滝を登攀中に落ち口付近で滑落し運悪くハングの下に宙づりになってしまった。
       滝の高さは20m、使用していたロープは30m。さてどうする?
       この想定で以下の2つについて講習と言うよりもでディスカッション&実践で確認した。
       ①宙づりになったリード者が自分でロープを登り返す。
       ②宙づりのリード者をセカンド者が救出する。

記録
①高さ7mの橋からロープを垂らして宙吊りのリード者が登り返す。

ザイルワーク講習 (9)
最初はみかんさん、スイスイと登り脱出しました。楽しそうです。

DSC09153y.jpg
次はヤビツさん。最初はスイスイでしたが・・・・あえなく救助要請。

この間midoriさんのチャレンジがあったけど画像が残っていません。
結果は救助要請。

P1044446.jpg
最後はucon。お腹が重くて・・・邪魔で・・・でも必死に何とか自己脱出し生還。
他の人との違いはチェストハーネスを組み合わせて使っていること。
伸びあがるときは力を使うけど、脚のループの引き上げ操作をするときはダラーとぶら下がるので力を入れず、
結果として休んでいられるのが良いのだと思います。
シットハーネス(腰だけの)だと、ぶら下がると上体が下になるのでそれをこらえるため両手でロープにつかまり
腹筋で姿勢を保たなければなりません。その結果すぐに力を使い果たしてしまうようです。
でもみかんさんは上手く登ったな~ シットハーネスの支点より体の重心が下にあるのだろうか?
(脚が長くて座高が短い? あるいは頭が軽い?)
岩本チャンや登攀的な沢ではチェストハーネスの併用をお薦めいたします。
71p+yBW0P-L__SL1428_.jpg
私が使っているのはこれ   マウンテンダックスのチェストハーネス(4000円?)。
ツールラックを兼ねていて、これがザックの腰ベルトと干渉しないので使い易いです。
でもいつも品薄で探すのに苦労しますけど。

宙吊り脱出の後は確保者(セカンド)の対応。
DSC09136.jpg
滝を巻いて上から予備のロープで助けようとしているのだが・・・・? 果たして救助は出来たか?
結果:できませんでした。結局、携帯が使えるとこまで行って救助要請することにしました。



DSC09128.jpg
この設定への答えは私も知らないのでアドバイスも出来ず、ただ日向ボッコしながら見ているだけ。(笑って誤魔化す)

正解は無い。その時の状況に応じて一番安全で楽な方法を考えることが重要。
そのためにはどんな状況にも対応できるよう日頃からイメージトレーニングをしておくこと。
また登山するときは常に周りの状況を把握しその場の危険予知を無意識に出来るようにして、窮地に陥らないように
するのがベスト。
・・・とまあ、訳が分からない纏めだが相手は自然だから大きくとらえられるように余裕を持つことしかないのだと思います。

  end
関連記事
[ 2016/01/05 15:24 ] トレーニング | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ucon

Author:ucon
団塊世代前の自称”昔の山男”です。仕事に追いまくられている間は山どころではなかったけど、定年を機に青春を懐かしんでまた登り始めました。これからドンドン友達を増やして、青春を取り戻そうと目論んでいます。・・が、2年前に変人(片腎(腎臓を1コ切除))になってしまいましたので、ガンガンは無理だよな~~・・分かってはいるけど・・おまけに性格も悪いしな~
PCアドレス
ucon3@mg.scn-net.ne.jp
携帯アドレス
ucon-no-higuma@ezweb.ne.jp

ようこそ”霧(kiri)”へ
ご訪問いただいた回数
また来てください。