FC2ブログ

”霧(kiri)”

自分で楽しんだ登山の記録を思い出しながらもう一度楽しんで書いています。 このブログを見ていただいた人に山や自然に興味をもっていただき、そして好きになって頂ければとてもうれしいです。 更にコメントをいただけるとなおうれしいです。コメントは山行名をクリックすると一番下に投稿欄が出ます。
”霧(kiri)” TOP > 積雪期 > 庵滝 日光

庵滝 日光

日程  :2016年3月3日
場所  ;日光 戦場ケ原 庵滝
メンバー:みかんさん、ucon
天気  :晴れ後小雪
歩行距離:14:3km
行動時間:6時間20分
コース&タイム
赤沼8:15→9:33弓張峠→11:04庵滝11:34→12:40弓張峠→13:35泉宿池→14:35赤沼
庵滝軌跡
あるサイトによると地形図上の庵滝は実は外山滝と言うのだそうです。そして今回行き着いた凍った滝が庵滝なのだとか?
庵滝で検索するとどうもこれがごちゃ混ぜに使われているようですが多くの人(登山者やハイカーは)が使っている説を採用
しました。
地形図上の庵滝(外山滝)はゴルジェや滝を越えて行かなければならず、相当な技術を持った人でないと行けないところです。
もちろん私には無理なのでスノーシューで歩いて行かれる手近かな最初の滝を庵滝とした方が都合がいいのです。
でも地名って難しいですね。
地元の人々が昔から使っている名称が大事で勝手に変えてしまうのはとても独りよがりで土地にも地元の人にも失礼です。
最近、マッキンリーがデナリに、エベレストがサガルマータ(ネパール側)やチョモランマ(チベット側)に戻されつつあるように。

記録
赤沼の駐車場を出るころは快晴だったが庵滝についた頃から小雪がちらつきだした。
雪はかなり融けていて弓張峠まではチェーンアイセン、外山沢に入るところからスノーシュー(シフト)を履いた。
シフトは片足500gと軽いMSRの子供用スノーシューですが体重(NET)で73kg(風袋込みで多分80kg)が乗っても壊れない。
ワカン&アイゼン代わりに雪が締まった春の雪山には最適のアイテムのような気がする。
今回もところどころツボ足のトレースは吹き溜まりで踏み抜いていたがこれを履けばそんなこともなく安定して歩ける。(と感じた)

P1190222.jpg
朝の戦場ケ原 赤沼の公衆トイレ前。
誰もいません。

P1190228.jpg
小田代ケ原への雪道は固く締まっていたのでチェーンアイゼンで歩きました。

aDSC00046a.jpg
背中に背負っている黄色いものはヒップソリです。

P1190233.jpg
小田代ケ原と日光の山々。正面は太郎山です。

P1190240.jpg
ところどころにある鹿柵。

P1190245.jpg
途中、舗装された林道を歩きます。夏は西ノ湖までここをバスが通ります。

aDSC00074.jpg
真ん中にある白樺の木が有名な”貴婦人”・・・らしい。

aDSC00057.jpg
貴婦人の出会って嬉しそうなナイト?

aDSC00080.jpg
途中にあるトイレです。

P1190253.jpg
弓張峠

P1190256.jpg
峠を100mほど下ったところから外山沢川に入ります。
ここからチェーンアイゼンをスノーシュー(シフト)に替えました。

P1190306.jpg
参考: 左が大人用(MSRライトニングアッセント22 850g)、右が子供用(MSRシフト 530gト)

P1190260.jpg
河原の林の中を緩やかに登って行きます。

aDSC00090sa.jpg

aDSC00096a.jpg

aDSC00100q.jpg

P1190264.jpg
約1時間半で樹林の隙間になにやら氷のようなものが見えます。

P1190269.jpg
到着しました。 初めて見たので「素晴らしい」と思ったけど、参考にしたサイトよりも若干氷が少ない?

P1190270.jpg

P1190277.jpg
太い氷のパイプから水が勢いよく噴き出しています。

aDSC00120f.jpg

P1190274.jpg
記念写真

aDSC00113w.jpg

P1190281.jpg
氷の裏側に入って”ウラミの氷”

P1190283.jpg

P1190288.jpg
裏側から見たみかんさん。

aDSC00139t.jpg
帰りはヒップソリで遊びながら。
ところで・・・・この遊び道具はビバークするとき、雪を掘り下げるシャベル代わりに使えるかも。重さも230gと軽いし・・・

end
関連記事
[ 2016/03/04 11:14 ] 積雪期 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ucon

Author:ucon
団塊世代前の自称”昔の山男”です。仕事に追いまくられている間は山どころではなかったけど、定年を機に青春を懐かしんでまた登り始めました。これからドンドン友達を増やして、青春を取り戻そうと目論んでいます。・・が、2年前に変人(片腎(腎臓を1コ切除))になってしまいましたので、ガンガンは無理だよな~~・・分かってはいるけど・・おまけに性格も悪いしな~
PCアドレス
ucon3@mg.scn-net.ne.jp
携帯アドレス
ucon-no-higuma@ezweb.ne.jp

ようこそ”霧(kiri)”へ
ご訪問いただいた回数
また来てください。