FC2ブログ

”霧(kiri)”

自分で楽しんだ登山の記録を思い出しながらもう一度楽しんで書いています。 このブログを見ていただいた人に山や自然に興味をもっていただき、そして好きになって頂ければとてもうれしいです。 更にコメントをいただけるとなおうれしいです。コメントは山行名をクリックすると一番下に投稿欄が出ます。
”霧(kiri)” TOP > 沢登り > 上長尾沢

上長尾沢

日程  :2016年4月10日
場所  :丹沢 世附川、大又沢、法行沢の支流
参加者:(L)ikukoさん、みかんさん、ucon
天気  :晴れ
コース&タイム
浅瀬P6:57→7:10大又沢分岐→8:06法行沢橋→(行沢大滝見物)→法行沢橋9:22→10:03上長尾沢出合→(遡行)→12:41稜線→(左岸尾根下降)→13:42林道→13:57(法行沢大滝下降)→14:57林道→15:58浅瀬P
上長尾沢軌跡
浅瀬Pから法行沢橋までは林道歩きの為削除した。

記録
今回は今年2回目の沢、ikukoさんの企画に参加した。
計画では上長尾沢の遡行修了後、法行大滝をトップロープで遊ぶ予定だったが結局大滝を懸垂で下降して帰ってきた。

P4104853.jpg
道路脇には多分釣り(ヤマメ?)の人たちの車がズラリ

P4104861.jpg
道端にはミツバツツジが満開。今年は早い。

P4104862.jpg
ヤマブキも。

P4104863.jpg
林道をⅠ時間強歩いて法行橋から沢に降りて大滝を見物に行く。

bDSC00018.jpg

bDSC00019.jpg
瀞がありました。

bDSC00020.jpg
リーダーのikukoさんはここをヘツルと言う。

bDSC00021.jpg
私は右から巻くことを考えている。

bDSC00023.jpg
ロープ工作中のリーダー

DSC03275.jpg
瀞をヘツルみかんさん。

bDSC00024.jpg
次は私、でも怖いから途中から引き返して

bDSC00029.jpg
右から巻きました。

P4104866.jpg
大滝が見えてきました。

P4104870.jpg
確かに大きい! 以前から「法行沢は滝もなくつまらない沢」と勝手に思い込んでいたが反省です。

DSC03282.jpg
大滝見物後林道に戻るとき怖かった瀞は右岸から懸垂で超えました。

P4104872.jpg
上長尾沢の出合いにつきました。なんの変哲もない出合いです。

P4104874.jpg
最初の小さな滝でなにやらikukoさんがはいつくばっている。みかんさんはのぞき込んでいる?


P4104881.jpg
すぐに滝が掛かり始めます。

P4104898.jpg

P4104899.jpg

P4104903.jpg
これは登れそうにない。

P4104904.jpg
さっさと左から巻きます。

P4104907.jpg
次の滝も左から

P4104913.jpg
これは?(どうする)

P4104914.jpg
挑みます。

P4104920.jpg

P4104922.jpg

P4104923.jpg

P4104928.jpg

P4104931.jpg

P4104936.jpg

P4104938.jpg

P4104944.jpg

P4104947.jpg

P4104949.jpg

P4104964.jpg

P4104968.jpg
水も少なくなってそろそろ源流か?

P4104971.jpg

P4104973.jpg
水は消えました。

bDSC00099.jpg
あそこが稜線です。

bDSC00102.jpg
急なザレをヒイヒイハアハア

bDSC00110.jpg
稜線に着きました。「休ませてー!」  ドッカリ。

bDSC00114.jpg
左岸尾根を下ります。

bDSC00117.jpg
林道に降り立ちました。

bDSC00122.jpg
帰りに法行沢の大滝の少し上で法行沢に下ります。

bDSC00123.jpg
水力発電用の取水口がありました。

bDSC00126.jpg
ここを下って

bDSC00129.jpg
大滝の上に出ました。恐々除く二人。

bDSC00131.jpg
高いな~

DSC03366.jpg
懸垂しています。

bDSC00136.jpg
懸垂途中で上を見る(撮影はみかんさん)

bDSC00135.jpg
下を見る。中段のテラスです。(撮影はみかんさん)

DSC03375.jpg
8mm30mロープ2本を繋いでぴったりでした。

bDSC00141.jpg
最後に7,8mを岩にロープを掛けて下ります。

林道に戻って浅瀬Pに戻りました。

P4104980.jpg
丹沢湖畔の満開の枝垂れ桜をみながらしばしお茶して花見です。

end
関連記事
[ 2016/04/15 07:32 ] 沢登り | TB(0) | CM(2)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2016/04/14 16:20 ] [ 編集 ]
懸垂下降
最後の法行の大滝懸垂は私には心地良い刺激の、緊張と快感がありました。
しばらくは忘れられそうにない経験になりそうです。
いろいろとありがとうございました。
[ 2016/04/14 16:13 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ucon

Author:ucon
団塊世代前の自称”昔の山男”です。仕事に追いまくられている間は山どころではなかったけど、定年を機に青春を懐かしんでまた登り始めました。これからドンドン友達を増やして、青春を取り戻そうと目論んでいます。・・が、2年前に変人(片腎(腎臓を1コ切除))になってしまいましたので、ガンガンは無理だよな~~・・分かってはいるけど・・おまけに性格も悪いしな~
PCアドレス
ucon3@mg.scn-net.ne.jp
携帯アドレス
ucon-no-higuma@ezweb.ne.jp

ようこそ”霧(kiri)”へ
ご訪問いただいた回数
また来てください。