FC2ブログ

”霧(kiri)”

自分で楽しんだ登山の記録を思い出しながらもう一度楽しんで書いています。 このブログを見ていただいた人に山や自然に興味をもっていただき、そして好きになって頂ければとてもうれしいです。 更にコメントをいただけるとなおうれしいです。コメントは山行名をクリックすると一番下に投稿欄が出ます。
”霧(kiri)” TOP > 沢登り > ヤビキ沢(西丹沢)

ヤビキ沢(西丹沢)

日程  :2016年5月2日
場所  :西丹沢中川川東沢・ヤビキ沢
参加者: (L)ikukoさん、popoさmm、ucon
天気  :晴れ
コース&タイム
  西丹沢自然教室P6:55→(ツツジ新道)→7:53ごーら沢出合い⇒8:15ヤビキ沢→9:16二股→13:13稜線→
  13:26テシロ沢の頭14:10→ヤビキ沢左岸尾根→15:41東沢河原→16:32西丹沢自然教室P
タビキ沢軌跡


記録
今回はikukoさんの企画に参加した。

P5025218.jpg
丹沢はヤマブキが乱れ咲いていた。

P5025221.jpg
ツツジ新道からヤビキ沢に降り立つとゴーロ。
多分この下の砂防堰堤の影響で堰堤がなければ・・もしかしたらこの下はヤビキ沢の特徴の滑滝だったかも知れない。

P5025226.jpg
最初に出てくる滑滝(滑床?)は短い。

P5020109.jpg

P5025234.jpg
次の滑滝は100mくらい続いている。

DSC04108.jpg

P5025243.jpg

P5025245.jpg
滑滝のあと少しゴーロを歩くと二俣。左俣にはこの滝がある。

DSC04136.jpg
2年前に来た時は左から巻いて、上から確保してもらい流水の右を登ったがもろにシャワーを被ったので今回はパス。
右俣から小尾根を越えて巻きました。

P5025248.jpg
滝の下で見つけた花。
山野草の花の色を赤、白、黄色。その他に大雑把に分けるとどれが一番多いのかな?

DSC04142.jpg
これは「ネコの目」と言うそうです。緑の花?

DSC04147.jpg
巻いて落ち口に降りました。

P5025251.jpg

P5025254.jpg

P5025257.jpg

P5025258.jpg
そろそろ詰めも近いか?

P5025259.jpg
でもまだ涸れ滝は続く。

P5025260.jpg

P5025261.jpg
今度こそあそこが稜線らしい?

P5025262.jpg
やっと石棚山稜に出ました。フー!です。

DSC04210.jpg

DSC01876.jpg
稜瀬で休んでいたらたまたま山仲間のヤビツさんが通りかかった。びっくり!

P5025266.jpg
ヤビキ沢左岸尾根のブナは新緑に萌えていた。
もちろん道はないので注意・・と言うか?かなりシッカリ地図読みが要求されます。
枝尾根から沢へと引き込まれるととても危ないです。

P5025271.jpg
杉の植林地帯も少しあります。

P5025275.jpg
またブナの尾根。
見上げる新緑は綺麗だけれど、地表はこの通りです。いつも言うことだが「林の中は砂漠」状態。
犯人は可愛いバンビちゃん(ゾンビちゃん)。
この辺りはクマザサや沢山の低木や草でおおわれていたけど鹿が皆食べてしまいました。
ブナが実を落として発芽してもまた鹿が食べてしまう。そのうちこのブナの寿命が来て枯れると裸山になってしまいます。
地表がむき出しになれば、なまはんかな砂防堰堤は「焼石に水」。水害&土砂災害になります。
”美しい日本”は消えて荒地・砂漠になってしまいます。
どうしたらいいのか? 鹿の数を制限して早急に下草のある森を復活させなければなりません。その為には①鹿柵で区割り鹿の移動を止める。②鹿の天敵のオオカミかライオン(虎でもいい)を放す。・・・・・などと今回も熱く語ってしまいました。

P5025278.jpg
でも人間は「綺麗💛綺麗💙」と喜びます。
丹沢バリ族って知っていますか?知らないでしょうね。だって私の造語ですから。
藪が無くなって見通しがよくなり、歩きやすくなったので道のない尾根を赤テープ黄色テープを木にビラビラしばりつけて
(ごみ(テープ)をまき散らして)歩き回る人々のことです。
もちろん私たちも沢を登って最短の尾根を下山する。これも鹿のお陰です。だから私たちも丹沢バリ族です。
丹沢が藪に覆われていた頃は沢の詰めは猛烈な藪こぎ、ましてや道のない藪尾根を下ることなどできません。
沢を懸垂でくだるか?遠回りしても登山道を歩いたものです・・・・・・とああ、老人のたわごとになってしまいました。

P5025281.jpg

P5025282.jpg
やっと東沢の河原に降り立ちました。

P5025283.jpg

P5025287.jpg


end
関連記事
[ 2016/05/02 08:23 ] 沢登り | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ucon

Author:ucon
団塊世代前の自称”昔の山男”です。仕事に追いまくられている間は山どころではなかったけど、定年を機に青春を懐かしんでまた登り始めました。これからドンドン友達を増やして、青春を取り戻そうと目論んでいます。・・が、2年前に変人(片腎(腎臓を1コ切除))になってしまいましたので、ガンガンは無理だよな~~・・分かってはいるけど・・おまけに性格も悪いしな~
PCアドレス
ucon3@mg.scn-net.ne.jp
携帯アドレス
ucon-no-higuma@ezweb.ne.jp

ようこそ”霧(kiri)”へ
ご訪問いただいた回数
また来てください。