FC2ブログ

”霧(kiri)”

自分で楽しんだ登山の記録を思い出しながらもう一度楽しんで書いています。 このブログを見ていただいた人に山や自然に興味をもっていただき、そして好きになって頂ければとてもうれしいです。 更にコメントをいただけるとなおうれしいです。コメントは山行名をクリックすると一番下に投稿欄が出ます。
”霧(kiri)” TOP > ハイキング > 乾徳

乾徳

日程  :2016年5月14日
場所  :乾徳山
メンバー:みかんさん、ucon
天気  :晴れ
コース&タイム
大平高原林道の登山口4:58→6:18月見岩→7:21山頂7:49→7:55懸垂地点→9:11旗立て岩取り付き9:33→9:50登山道
→10:58国師ケ原→11:35登山口
乾徳軌跡

記録
昨年の11月に旗立岩中央岩稜に来たが、天候が思わしくなく、秋で日が短く、また山頂まで来る間に私がバテテ
しまったので登攀を断念した。
今回はふもとの道の駅で前泊するなど万全の態勢で臨んだが・・・・・大失敗! クライミングシューズを忘れてしまった。
みかんさんは「昔は登山靴でアルパインクライミングしていたのだから、トレッキングシューズで登ったら」と突き放すが
初めてのルートなのでキャラバンシューズで登る気持ちになれない。
心の中で「みかんさん、リードして」とつぶやいていたが口には出せなかった。
意気消沈していたら「落ち込んでいても始まらないので山頂まで行って、懸垂で下って、中央岩稜の取りつきを確認する
だけでもしましょ!」と。
この案ならキャラバンシューズでも出来るので話はまとまりました。
登攀に必要な装備を除いて、ハイキング+懸垂道具だけで出発しました。

aDSC00004.jpg
林道の脇に車を駐めて支度中。
300mくらい先にはもっと広い菜所もあります。

aDSC00005.jpg
大平高原の林道からの登山口。

aP5145413.jpg
すっかりハイキング気分のみかんさん、何か?撮っている。

aP5145412.jpg
aDSC00014q.jpg
この花でした。名前は?

aP5145415.jpg
天気は上々、ツツジも咲いています。が・・・・気分は真っ暗!

aDSC00031.jpg
月見岩。

aDSC00034.jpg
手洗い岩。  これは「手洗い」でしょうか?「ちょうず」でしょうか? など話ながらゆっくり登る。

aDSC00038q.jpg
岩場が出始めました。

aDSC00046q.jpg
髭剃り岩

aP5145419.jpg
カミナリ岩。前回は荷物が重く鎖に縋りついてやっと登ったけど今回は装備が軽いのか意外と楽でした。

aP5145420.jpg
コイワザクラも咲いています。

aP5145422.jpg
鴻岩。前回は巻いたけど今回は鎖につかまってスイスイです。

aDSC00075q.jpg
山頂で記念写真。気持ちが晴れ晴れではないので足の揃え方がなんだか”オネー”っぽい。

aDSC00084.jpg
山頂から戻って、ここが懸垂するところです。

aDSC00085q.jpg
懸垂のセット中

aDSC00088.jpg
狭いチムニーを下って行きますす。

a乾徳懸垂みかん

aDSC00096.jpg
チムニーを35mくらい降りるとザレたテラスになるので、ここでピッチを切り、ロープをかけ替えて、緩いガレを懸垂します。
チムニーもこのガレの懸垂も落石にはクレヅレも注意。

aDSC00103q.jpg
50m一杯に懸垂すると樹林の中に入ります。ここで懸垂終了。

aDSC00106.jpg
岸壁の下を北にトラバース。

aDSC00113.jpg
岩峰が見えたら基部までルンゼを20mくらい登ります。

aDSC00114q.jpg
中央岩稜取りつきまで来ました。

aP5145431.jpg
偵察です。「あそこにシュリンゲはあるな」・・・・・

aDSC00124.jpg
偵察も終わったので帰りは岸壁の下を更に北にトラバースして下の登山道に出ることにしました。

aP5145434.jpg
道に出ました。

aP5145436.jpg
国師ケ原の高原ヒュッテ。今は避難小屋になっています。中を覗いたらとてもきれいで快適そうでした。 水があればな~

aP5145438.jpg
国師ケ原の白樺林の中に鹿が沢山いました。 乾徳にもヒルがいるのかな? (鹿とヒルの進出は絶対ではない・・と思う。

aDSC00150.jpg
林道まで戻ってきました。お疲れさま。
「クライミングシューズを持ってリベンジするぞ!」と密かに(みかんさんに聞こえないように)誓いました。

end
関連記事
[ 2016/05/16 21:28 ] ハイキング | TB(0) | CM(2)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2016/06/12 23:15 ] [ 編集 ]
未登なんです
乾徳の岩場はまだ登った事が有りません。

乾徳山もバスの時間が有り途中で引き返した思い出が有ります。
[ 2016/05/25 12:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ucon

Author:ucon
団塊世代前の自称”昔の山男”です。仕事に追いまくられている間は山どころではなかったけど、定年を機に青春を懐かしんでまた登り始めました。これからドンドン友達を増やして、青春を取り戻そうと目論んでいます。・・が、2年前に変人(片腎(腎臓を1コ切除))になってしまいましたので、ガンガンは無理だよな~~・・分かってはいるけど・・おまけに性格も悪いしな~
PCアドレス
ucon3@mg.scn-net.ne.jp
携帯アドレス
ucon-no-higuma@ezweb.ne.jp

ようこそ”霧(kiri)”へ
ご訪問いただいた回数
また来てください。