FC2ブログ

”霧(kiri)”

自分で楽しんだ登山の記録を思い出しながらもう一度楽しんで書いています。 このブログを見ていただいた人に山や自然に興味をもっていただき、そして好きになって頂ければとてもうれしいです。 更にコメントをいただけるとなおうれしいです。コメントは山行名をクリックすると一番下に投稿欄が出ます。
”霧(kiri)” TOP > 沢登り > 米子沢

米子沢

日程  :2016年9月28日(前夜箔)
名所  :巻機山
メンバー:(CL)ヤビツ、ikuko、popo、midori、ジロー、クリ坊、ucon
天気  :曇り後雨
歩行距離:約10km
ルート&タイム
桜坂P6:10→6@24入渓→F1→11:40滑→13:06奥の二股→13:35水場→13:45避難小屋14:00→nise巻機→17:00桜坂P
160928巻機軌跡

記録
今年も米子沢初見者3人とやってきました。
もう年齢も年齢で・・・おまけにお腹がふっくらしてきて標高差1000mの沢登りは辛い。
来年、初見者がいたら今回の参加者でやってほしいな~・・・・と思いながら。イヤホント!

P9286041.jpg
桜沢P。  さあ、雨が降らないうちに出かけましょう

P9286043.jpg
滝場の始まりに着きました。

[広告] VPS


P9286046.jpg
クリさんは初めての上信越の沢、白い花崗岩と開けて明るい雰囲気に大喜びです。
今までは丹沢や奥多摩の樹林の下の暗い沢だったからね。

P9286049.jpg
こちらの二人も初見者。喜んでいます。

P9286050.jpg

P9286051.jpg
霧が出てきました。滝場が終るまで降らなきゃいいけど。

[広告] VPS

uconの懸垂姿。 
これぞ!沢での懸垂。泥臭くズルズルと、華麗じゃないけどこれが沢ではいいのです・・・と言い訳というか自己弁護。

P9286053.jpg
去年はみんながいるところから右岸(上流に向かって左)のわずかな草付きの踏み跡を「巻きかな?」と登ってしまいました。
登るにしたがって踏み跡が消え、急斜面のヤブで戻ることも怖いので結局この先の2段10m滝の上に懸垂3回で降りました。
ここは巻かないで沢どうし進むのが正解です。2段10m滝は右側の階段状を登れます。

P9286059.jpg
2段10m滝下部

P9286061.jpg
2段10m滝上部    だいぶガスって来たぞ!

[広告] VPS


P9286063.jpg
こんなところで増水したら嫌だもんね。

P9286065.jpg
ヨイショヨウショ 慌てないで急ぎましょう。

P9286067.jpg
やっとゴルジェの滝場が終ってここから通称「天国に続くナメ」が始まります。

P9286070.jpg
ここが有名?な”天国に続くナメ” 上から見ました。
霧雨で岩は濡れているけどフリクションはばっちりです。でも水流の中は少しぬめるので要注意。

[広告] VPS

無造作に歩いていると本当に天国(人によっては地獄)に行っちゃいます。

P9286074.jpg
ナメが終ると5,6mの滝がいくつか出てきます。

P9286075.jpg
侮ってルーファイを間違うとこまるのでシッカリト。

P9286076.jpg

P9286078.jpg

P9286081.jpg
雨が強くなってきたので一休みしながらカッパを着ましょう。

P9286084.jpg

[広告] VPS


P9286085.jpg

P9286087.jpg
雨に濡れた草原の中の小川になりました。

P9286090.jpg
奥の二俣。右に行くと巻機山頂だけど植生保護のため入域禁止です。
雨に煙っているけど草紅葉が綺麗だ。


end
関連記事
[ 2016/10/02 16:48 ] 沢登り | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ucon

Author:ucon
団塊世代前の自称”昔の山男”です。仕事に追いまくられている間は山どころではなかったけど、定年を機に青春を懐かしんでまた登り始めました。これからドンドン友達を増やして、青春を取り戻そうと目論んでいます。・・が、2年前に変人(片腎(腎臓を1コ切除))になってしまいましたので、ガンガンは無理だよな~~・・分かってはいるけど・・おまけに性格も悪いしな~
PCアドレス
ucon3@mg.scn-net.ne.jp
携帯アドレス
ucon-no-higuma@ezweb.ne.jp

ようこそ”霧(kiri)”へ
ご訪問いただいた回数
また来てください。