FC2ブログ

”霧(kiri)”

自分で楽しんだ登山の記録を思い出しながらもう一度楽しんで書いています。 このブログを見ていただいた人に山や自然に興味をもっていただき、そして好きになって頂ければとてもうれしいです。 更にコメントをいただけるとなおうれしいです。コメントは山行名をクリックすると一番下に投稿欄が出ます。
”霧(kiri)” TOP > 登山教室 > ロープワーク講習会(上級)

ロープワーク講習会(上級)

日程   :2017年1月8日(日)
場所   :丹沢 水無川 モミソ岩
メンバー :ikuko、ミドリ、popo、くり坊、kadojiro、ucon
天気   :曇り後雨
内容
 滝を登っているときリードが落ち口の下で行き詰まってしまったのでセカンドは予備のロープを使い、急峻な斜面から
 巻き上がり人工支点を構築してセミになったリードを救助する。
 このとき使用する①単独登攀時の確保とハーケン、ボルトの打ち方。

[広告] VPS

デバイスとして確保器&ディッセンダー(ルベルソ4)を使って単独登攀の練習です。
落ちたとき逆さ吊りになるのが嫌なのでチェストハーネス(キャニオンワークス)を使っています。
チェストを使うと落ちる距離が少し長くなるデメリットもありますが逆さになるよりは増しと思っています。
ロープは地面に垂らしたままなので支点に掛けるとき紛らわしいです。ザックに入れて引き出すという方法にすればスッキリ
すると思いますが・・・時間が掛かるし面倒です。
実はこのデバイスを使うのは今回が初めて!見様見真似なのでギコチナイ動きで恥ずかしい。
講習を受けている皆さん「ごめんなさい」
今日はハーケンやボルトが設置してあるゲレンデを使っていますが、想定は上に記したように立ち木や灌木が生えた急斜面です。

[広告] VPS

二番手はkadojiroさんです。(他の人は雨が降ってきたので見送りになりました)
赤いロープは失敗した時のバックアップ用です。

感想
 確保器のオートロック機構を逆にして使ってみましたがなかなか良いです。
 メリットとしては
  ①沢では皆が持参していること
  ②万一宙づりになってもロック解除機構で脱出可能??なこと。
  ③マッシャーなどよりも確実性が高いと思われる。
 デメリット
  ①使うロープとの相性を確認が必要なこと。

使い方の案としてはランニングビレーのカラビナにところどころフィックスすれば安全性が高まるかもしれません。
但し、面倒ですけど。

ハーケン打ちの練習
[広告] VPS

この動画を決して真似しないでください。むしろ「反面教師」として見ていただくと役に立てると思います。

end
関連記事
[ 2017/01/09 12:20 ] 登山教室 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ucon

Author:ucon
団塊世代前の自称”昔の山男”です。仕事に追いまくられている間は山どころではなかったけど、定年を機に青春を懐かしんでまた登り始めました。これからドンドン友達を増やして、青春を取り戻そうと目論んでいます。・・が、2年前に変人(片腎(腎臓を1コ切除))になってしまいましたので、ガンガンは無理だよな~~・・分かってはいるけど・・おまけに性格も悪いしな~
PCアドレス
ucon3@mg.scn-net.ne.jp
携帯アドレス
ucon-no-higuma@ezweb.ne.jp

ようこそ”霧(kiri)”へ
ご訪問いただいた回数
また来てください。