FC2ブログ

”霧(kiri)”

自分で楽しんだ登山の記録を思い出しながらもう一度楽しんで書いています。 このブログを見ていただいた人に山や自然に興味をもっていただき、そして好きになって頂ければとてもうれしいです。 更にコメントをいただけるとなおうれしいです。コメントは山行名をクリックすると一番下に投稿欄が出ます。
”霧(kiri)” TOP > 沢登り > マスキ嵐沢(丹沢)

マスキ嵐沢(丹沢)

日程  :2012年5月11日
メンバー:単独
コースタイム: 車デポ6:15→6:40入渓→8:25稜線→8:50権現山→(南尾根下降)→9:50車デポ
ルート :
マスキ嵐軌跡

ヒマラヤトレッキングも1週間を過ぎた頃日本の山が恋しくなる。
なんか日本の自然て違うんですよね! 心に優しい感じがするのです。生まれ故郷だからかな~?
そこで気軽で綺麗で癒されそうな西丹沢のマスキ嵐沢に出掛けました。
思ったとおりキラキラ光る新緑とヒヤッと冷たい綺麗な水、ゴミ一つ無い清潔な地面・・・・ネパールには無いんだよ、これが。雪線以下の風景はなんだか薄汚れた感じがするのです。どうしてだろう??

マスキ01
輝く新緑の中に可愛い我が愛車を置く。心なしか嬉しそうだ???

マスキ02
F1  後はどれがどれだか分からないけど登れる滝がつづく。
マスキ03
マスキ04
マスキ05
マスキ06
マスキ07
マスキ08
多分これがF3
マスキ09

マスキ10
マスキ11
マスキ12
マスキ13
マスキ14
マスキ15
マスキ16
F6 ここから涸滝となる
マスキ17
F7 10mでちょっとクライミング的でおもしろい。がこれが最後の滝。

マスキ18
F7を越えるとすぐにスッキリした樹林の鞍部に突き上げる。

マスキ19
狭い鞍部

マスキ20
鞍部から右に20分も登ると権現山山頂だ。朽ちた道標があった。

マスキ21
丹沢はどこでもそうだが鹿の食害で笹も草もない。そんな中に健気に生き残ったスミレ

マスキ22
鹿から植生を守るために金網で囲った中がこのようにブッシュになっている。これが以前の丹沢の姿だ。
マスキ23
金網が無いところはこんな風景が広がっている。見通しがよく、歩きやすくていいのだが・・・・

マスキ24
仮称”権現山南尾根”を下る。こだわるようだが鹿の食害でブッシュ(下草)は全くない。

駆け足のようだが単独だから一人の時間、一人の風景を楽しんだ・・・
関連記事
[ 2012/05/12 12:00 ] 沢登り | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ucon

Author:ucon
団塊世代前の自称”昔の山男”です。仕事に追いまくられている間は山どころではなかったけど、定年を機に青春を懐かしんでまた登り始めました。これからドンドン友達を増やして、青春を取り戻そうと目論んでいます。・・が、2年前に変人(片腎(腎臓を1コ切除))になってしまいましたので、ガンガンは無理だよな~~・・分かってはいるけど・・おまけに性格も悪いしな~
PCアドレス
ucon3@mg.scn-net.ne.jp
携帯アドレス
ucon-no-higuma@ezweb.ne.jp

ようこそ”霧(kiri)”へ
ご訪問いただいた回数
また来てください。