FC2ブログ

”霧(kiri)”

自分で楽しんだ登山の記録を思い出しながらもう一度楽しんで書いています。 このブログを見ていただいた人に山や自然に興味をもっていただき、そして好きになって頂ければとてもうれしいです。 更にコメントをいただけるとなおうれしいです。コメントは山行名をクリックすると一番下に投稿欄が出ます。
”霧(kiri)” TOP > 道具 > ココヘリ

ココヘリ

ココヘリに入会しました。
ココヘリとは小さな発信器を持った会員が山で行方不明になったときヘリで発信器を探してくれるシステムです。


ココヒト子機
9桁の番号がこの子機のIDでこれを親機に入力すると子機の居場所が分かる仕組みです。
この子機が会員証で番号が会員番号です。(退会するとき子機は返却)

発信器:福岡のベンチャー企業が数年前に開発した機器で親機と子機からなりますが
     ココヘリの場合は会員が子機を持ち親機はヘリ会社が持っています。
     子機が発信した電波をヘリに積んだ親機が受信して子機までの距離と方向をディスプレーに表示し
     捜索します。
電波の距離:電波なので障害物があるとバラツキは大きいがココヘリの場合は上空から
     子機の電波をヘリに積んだ親機がとらえるので片側約3~4km(両側だと幅は6~8km)くらい受信
     できるとのこと。
      具体的に言うと計画書などで予定したルートが分かればヘリはそのルートの上を飛び、上空から
      ルートの両側それぞれ3~4kmの範囲を捜索出来ることになります。
      もちろん「どこに行ったか分からないけど探して」では探しようがないし、日本中隈なく探すには時間と
      お金がかかるし、助かるものも助かりません。
      だから登山計画書に予定ルートをハッキリ記載して家族や仲間に託しておくのがとても大事です。
      もちろん、計画外の転進などは持っての外です。(登山計画書はココヘリとは関係なく大事ですが)
電池の持ち:約3カ月 充電はUSBで約2時間。
重さ  :20g
費用  :入会金 3000円 
      年会費 3650円 (2年目以降継続の場合は年会費だけでOK)

使い方 :① 子機を満充電にしてスイッチをオンにして出かけます。
      ② 予定ルートと子機のIDを家族や知人に伝え、下山しなかったら捜索依頼を出すよう託します。
      ③ 捜索依頼先 03-5418-7227 24時間受付
      ④ ココヘリは受け付けたIDとルートを契約先のヘリ会社に伝えます。
      ⑤ ヘリはすぐ依頼者の予定ルートに飛んで上空から捜索を開始します。
      ⑥ 要捜索者(ターゲット)の位置を確認したらそれを警察や消防など救出組織に連絡します。
ここまでがココヘリの役目です。
自分でココヘリに捜索依頼しなくて警察に救助依頼するとき登山計画書(ID記載済の)を提出すれば警察で
      やってくれると思います。・・・・多分。
出動  :1つの案件で3回まで出動してくれます。4回目以降は有料(約30万円/回)
      出動時間はAM8:00~日没。もちろん悪天は飛べません。
念のため:あくまでもこのシステムは行方不明者の捜索(居場所の特定)だけで救助はしません。
       ヘリが真上に来ても乗せてくれませんので正式な救助隊が来るまでは頑張ってください。

      この後は従来の救助システムの活動です。

メリット :・要捜索者(ターゲット)に所在場所が早く分かる。
      ・その結果、救助もスムースに出来る。(死亡・行方不明を減らせる)
      ・救助に要する時間と人手、費用を削減できる。
      ・救助隊の事故など危険な作業を減らせる。

その他の使い道:子供やペットの迷子や徘徊老人の探索。
       私もそろそろ山よりも徘徊でお世話になりそうな気がします。
       また海洋遭難などで使うと良いかも。

希望  :ヘリに積む親機はもっと感度の良いものにしていただけると更に範囲が広がると思います。  

お守り的ですが是非大勢の人に参加していただきたくて今回アップしました。
特に単独行の多い人は是非ココヘリに入会してください。
あなたがいなくなると残された家族や知り合いの悲しみだし、社会にとっても大きな損失だから。
入会はここをクリック

end
関連記事
[ 2017/02/18 17:12 ] 道具 | TB(0) | CM(4)
問題は
登山者のかなりの人が登山計画書を作成しないというのがポイントです。
ココヘリにしてもコンパスにしても計画書でルートを明確にする習慣を
つけることが必要不可欠ですから。
[ 2017/02/23 09:10 ] [ 編集 ]
ココヘリ
ココヘリの情報、全く知りませんでした。
ありがとうございました。
私も、入会、検討します。

怪我や死亡など、自分で救助を呼べないときに、登山届「コンパス」にココヘリのIDを書いておけば、下山届をしないと自動で捜索を開始してくれるというのがすごいです。
[ 2017/02/22 22:20 ] [ 編集 ]
ビーコンにも使えそう
子機がなく親機同士でも使えるのでスキーをする人はビーコン代わりになるかも?
但し、今のところ雪の中に埋まった場合の情報は見当たりません。
[ 2017/02/20 16:56 ] [ 編集 ]
心強い
心強い味方が現れましたね。
情報をありがとうございます。
親機があればその場でビーコンの役割も担えるのですね。
一晩過ごせる知恵があれば、助かる確率が高いですね。
開発された方には頭がさがります。
検討したいと思います。
[ 2017/02/20 16:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ucon

Author:ucon
団塊世代前の自称”昔の山男”です。仕事に追いまくられている間は山どころではなかったけど、定年を機に青春を懐かしんでまた登り始めました。これからドンドン友達を増やして、青春を取り戻そうと目論んでいます。・・が、2年前に変人(片腎(腎臓を1コ切除))になってしまいましたので、ガンガンは無理だよな~~・・分かってはいるけど・・おまけに性格も悪いしな~
PCアドレス
ucon3@mg.scn-net.ne.jp
携帯アドレス
ucon-no-higuma@ezweb.ne.jp

ようこそ”霧(kiri)”へ
ご訪問いただいた回数
また来てください。