FC2ブログ

”霧(kiri)”

自分で楽しんだ登山の記録を思い出しながらもう一度楽しんで書いています。 このブログを見ていただいた人に山や自然に興味をもっていただき、そして好きになって頂ければとてもうれしいです。 更にコメントをいただけるとなおうれしいです。コメントは山行名をクリックすると一番下に投稿欄が出ます。
”霧(kiri)” TOP > 沢登り > 春岳沢

春岳沢

日程   :2017年4月22日
場所   :金目川水系 春岳沢
メンバー :(L)ikuko、たま、ucon
天気   :曇り
ルート&タイム
蓑毛マス釣り場P8:32→9:16髭僧の滝→11:35湧水地→(左側のルンぜ)→14:40尾根→15:12イタズミ尾根登山道→15:49H956m→(諸戸への尾根)→16:08鉄塔→16:35道路(デポした車)
170422 春岳沢軌跡
湧水地から左のルンぜ(標高差約200m)は涸棚の連続で厳し約く3時間を要した。
使用したロープは8mm30m。立ち木や残置ハーケンなど支点はないのでカムや沢バイルがあると良いかも?

記録

P4226962.jpg
蓑毛マス釣りセンターの駐車場。 料金は1000円です。

DSCF1881.jpg
しばらくは舗装された道。

P4226963.jpg
髭僧の滝。
いつもはシャワークライムするのだが今日は冷たそうだから右のリッジを登ります。

DSC04351.jpg
楽しそうなたまさん。

DSC04352.jpg
「ロープ、捕まっていいですか~」

P4226977.jpg

P4226982.jpg

DSCF1907.jpg
お疲れです。

頑張るときもあります。

DSCF1919.jpg
あの小滝に取り付きたいけど・・・・壺が冷たそう・・・

DSCF1947.jpg
ならば・・・右を。

DSC04361.jpg
初心者の確保練習。 下で体を張って練習台を務めているのは私。 リーダーは安全なところで口だけで指導・・・





P4226987.jpg

湧水地で古い山友のパーティーに偶然出会いました。
(写真は掲載許可をもらい忘れたのでアップしません)

DSC04383.jpg
前回来たとき(2,3年前)はここにも豊富な湧水が岩壁の隙間から溢れ、草に覆われていたのだが一滴の水もない。
この間に地震などの地殻変動で水脈が変わったのだろうか?

P4227000.jpg
荒れている乾いたルンぜに取り付きます。

DSC04387.jpg
壁のように涸棚が立ちふさがります。サテ? どこを越えようか?

DSCF1962.jpg
リーダーのikukoさんは左上するバンドを見つけてジワジワと登ります。

DSCF1968.jpg
一見緩いようですが急峻なルンぜです。上の方にチョックストーンが立ちふさがっているけど攻略できるだろうか?

DSC04394.jpg
上から見ると。



DSCF1987.jpg
春嶽山?・・・・誰が何を根拠にここに”春岳山”の看板を勝手に立てたのか???
春嶽山は春岳沢の源流で流れ下って金目川と名を変え、平野を潤し平塚で相模灘に注ぎます。
つまり金目川流域の人々の命の元であり、天辺の春嶽山は幼いころから振り仰ぎ小中学校の効果にも歌われ育ったアイデンティティーなのです。
ところがこの立て札のある隠れピークは分水嶺に反対側にあり、もちろん稜線より低いので我ら金目川流域の住民からは
見えません。
たぶん、この立て札を設置した人は私たち金目川流域人の心を痛手に気づいてなく、独りよがりな思い出やってしまったことなのでしょう。無礼です。!!!
デナリをマッキンリーと言ってしまったり、サルガマータ&チョモランマをエベレストと言うのに等しいのです。(大げさかな?)

P4227002.jpg
こめさくら?

P4227008.jpg

DSC04411.jpg
下山のルーファイ(読図)を任されたたまさんはご機嫌。

P4227012.jpg
ミツマタの花が散った予定通りの沢に降り立ちました。



DSC04419.jpg
デポした車のところに出てきました。読図は卒業です。

今回は人には会わないだろうと思ったけど私達以外に2組のパーティーが入っていました。
1組は知り合いのパーティー
もう一組もブログを見合っている人たちでした。話をしたら知り合いの知り合いでした。

ikukoさんの記録

end
関連記事
[ 2017/04/23 08:49 ] 沢登り | TB(0) | CM(5)
kawamasaさんありがとうございます。
私もkawamasaさんのブログにお邪魔して足跡を残してきました。
またいつかどこかでお目に掛かれたら嬉しいです。
[ 2017/04/25 08:36 ] [ 編集 ]
どうもです
稜線でお目にかかりましたkawamasaです。
遊水地から本流を詰めてみましたが、本流もかなり脆く、かなり苦労しました。私も記録をヤマレコに載せました。よろしければ覗きに来て下さいませ。
[ 2017/04/24 21:35 ] [ 編集 ]
予定どおり左のモミジ谷との中間尾根に行けばそんなに問題ではなかったと思います。ついつい、面白そうな方に引っ張られてしまいましたね。
春岳山の件は「勘違い」ではなく、調査や考え、思慮が足りないのだと思います。
特に地名などは昔から必要(必然)があって使われてきたものですから慎重に扱わなければなりません。
そして他人の土地に勝手?に立て看板を立てるなどもっての外で、もし所有者の許可を取っていれば連名にして欲しいものです。
[ 2017/04/24 10:15 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2017/04/24 10:02 ] [ 編集 ]
春岳沢
湧水地以降の谷筋は、昔は当たり前のように詰めていたものですが、今は湧水地で終わりが多く、物足りなく思っていました。
でも、あにはからんや岩はボロボロで落石の危険が多くて、ルーファイが想定以上に難しく、uconさんがいたから突破できたと思います。
ありがとうございました☆
「春岳山」の看板には「平塚の小学生のためにも教えたい・・」みたいに書いてあって、ますますその勘違いには困ったものですね。
[ 2017/04/24 09:59 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ucon

Author:ucon
団塊世代前の自称”昔の山男”です。仕事に追いまくられている間は山どころではなかったけど、定年を機に青春を懐かしんでまた登り始めました。これからドンドン友達を増やして、青春を取り戻そうと目論んでいます。・・が、2年前に変人(片腎(腎臓を1コ切除))になってしまいましたので、ガンガンは無理だよな~~・・分かってはいるけど・・おまけに性格も悪いしな~
PCアドレス
ucon3@mg.scn-net.ne.jp
携帯アドレス
ucon-no-higuma@ezweb.ne.jp

ようこそ”霧(kiri)”へ
ご訪問いただいた回数
また来てください。