FC2ブログ

”霧(kiri)”

自分で楽しんだ登山の記録を思い出しながらもう一度楽しんで書いています。 このブログを見ていただいた人に山や自然に興味をもっていただき、そして好きになって頂ければとてもうれしいです。 更にコメントをいただけるとなおうれしいです。コメントは山行名をクリックすると一番下に投稿欄が出ます。
”霧(kiri)” TOP > 沢登り > 雨降川・長久保沢

雨降川・長久保沢

日程   :2017年6月11日
場所   :奥多摩 峰谷川
メンバー :みかんさん、ikukoさん、カトリン、ucon
天気   :晴れ後曇り(小雨少々)
コース&タイム
自動車道7:42→7:523m滝→(一部仕事道)→8:36伐採地→9:23雨乞い滝11:00→14:57稜線→16:43自動車道
雨降川軌跡

記録

170611DSC00004.jpg
別荘風の小さな建物の敷地?を通らせてもらう。

170611DSC00009.jpg
すぐに河原に下りるが水は無い。

170611DSC00013.jpg
しばらくで小さなゴルジェになるが水はない。岩盤だから伏流は考えにくいけど・・・・ないものは無い。

この滝の上の小さな水溜りに20cmくらいのヤマメかイワナがいました。水が干上がったらかわいそうに。

170611DSC05930.jpg
なんだか水の無いところを歩くのも嫌気がさして左の斜面にある立派な仕事道に上がってエスケープ。

170611DSC00025.jpg
あれ! 立派な滝が・・・不動の滝と言うらしい。どうせ登れず巻きだそうだからマッ!いいか?

170611DSC00034.jpg
明るくなってきた。 ネットの記録をみると「崩壊地」とか「伐採地」と呼ばれているところ。

170611DSC00039.jpg
取水施設がありました。どうやらここで取水しているので沢に水がないらしい。そういえばアルミの仕事道の脇のパイプの中でゴボゴボと水の音がしていた。

170611DSC00040.jpg
仕事道も終わりここから再入渓です。

170611DSC00054.jpg
横向きと言われる滝らしい。水もちゃんとあります。(水量はパイプの容量と同じくらい?)

170611DSC00064.jpg
次々と小滝が現れます。

170611DSC00068.jpg



170611DSC05949.jpg
必死にヘツリ中。壺に入っちゃへば良いのに!

170611DSC05965.jpg

170611DSC00070.jpg
ここは面白い。

170611DSC00074.jpg
などと言っている間に”本命の雨乞いの滝”に着きました。

170611DSC00075.jpg
これが有名な木です。雨乞いするときのご神木?かも知れない。

170611DSC00079.jpg
なにはともあれ記念写真です。 両側に離れているのは中が悪いのではなく飛沫が掛かるからです。

170611DSC00087.jpg
落ち口の辺り。

170611DSC00088.jpg
それでは左から斜上バンドを伝って行きましょう。

170611DSCN5228.jpg
斜上バンドをトラバース。狭いバンドに泥が付いていて怖い!

170611DSCN5230.jpg
落ち口方向にジリジリと。

170611DSC00100.jpg
大きな木に到着。頭上はハング気味で私には無理! 右上はあてにしていた木が完全に枯れて腐っている様子で怖い。
ハングの下を左にトラバースして木の根っこを頼りに直上できそうだが? さて!どうするか? 撤退に決定!!

170611DSC00100_2017061312561638b.jpg
懸垂の準備中です。
8mm30mのツインで来ているので引き揚げて真っ直ぐ下に下りれば少し空中になるかも知れないが楽だけど、
それでは来るとき付けてきたランニングは回収できない。
仕方ないので斜上バンドをランニングを回収しながら懸垂することにしました。



170611DSCN5235.jpg
隣の正規の巻きルートから行きます。こちらはさっきに比べれば楽です。
30mに少し足りなかったのでフォローにその分登ってもらいました。

170611DSCN5237.jpg
落ち口に向かって懸垂で下りました。約13mくらいか?

170611P6117702.jpg
雨乞い滝の上には2つの滝が連続している。

170611DSC00106.jpg
右のバンドから落ち口に行けば何とかなりそうだけど・・・疲れたから右から巻きます。

170611DSC05998.jpg
2段目。これも右から巻きました。

170611DSC00111.jpg
落ち葉を掻き分けて。

170611DSC00115.jpg

170611DSC00116.jpg
これもアッサリ巻こうとしたら、

170611DSC06001.jpg
取り付いた人がいたがすぐに諦めた。

170611DSC06010.jpg
快適快適。

170611DSC00122.jpg

170611DSC00124.jpg
適度な滝をグングン高度を上げる。

170611DSC06014.jpg

170611DSC06028.jpg
落ち葉が沢を産めている。

170611DSC06040.jpg
ふと見上げるとブナの若木の森が。これが落ち葉の元らしい。

170611DSC06032.jpg
その右への斜上バンドを上がれば・・・・とけしかけられたが。

170611DSCN5273.jpg
よく見ると苔が剥がれていないので「先行者の跡がない」と断ってアッサリ右巻きを決定。

170611DSC00152.jpg
最初は良かったが上がるに従って厳しくなってきた。





170611DSC00137.jpg
ワサビ田跡

170611DSC00147.jpg

170611DSC00162.jpg

170611DSCN5283.jpg
詰めの登り。
辛いけど、沢登りと言えども一応山登りだから私は頑なに拘って山頂?を目指すのです。
(さっきからエスケープを考えていたけど良いルートが見つからなかっただけ)

170611P6117710.jpg
ヒイヒイ言っているときに女神さま。これを撮る振りしてしばらく休むのです。
でも何と言う花?

170611DSC00167.jpg
ヨイショよいしょ、あと少し。

170611DSC00168.jpg
アッ あそこが稜線だ!

170611DSC00174.jpg
地形図には道があるが実際はほとんどありません。でも下りは良いな~。

170611DSC00184.jpg
尾根から外れて集落の上を巻くように道は有る筈だけど・・・ありません。
多分以前はあったけど植生が無くなってザレザレになって道が消えてしまったのでしょう。今山行の核心でした。

170611DSCN5291.jpg
舗装道路にでました。お疲れさま。

end
関連記事
[ 2017/06/12 20:06 ] 沢登り | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ucon

Author:ucon
団塊世代前の自称”昔の山男”です。仕事に追いまくられている間は山どころではなかったけど、定年を機に青春を懐かしんでまた登り始めました。これからドンドン友達を増やして、青春を取り戻そうと目論んでいます。・・が、2年前に変人(片腎(腎臓を1コ切除))になってしまいましたので、ガンガンは無理だよな~~・・分かってはいるけど・・おまけに性格も悪いしな~
PCアドレス
ucon3@mg.scn-net.ne.jp
携帯アドレス
ucon-no-higuma@ezweb.ne.jp

ようこそ”霧(kiri)”へ
ご訪問いただいた回数
また来てください。