FC2ブログ

”霧(kiri)”

自分で楽しんだ登山の記録を思い出しながらもう一度楽しんで書いています。 このブログを見ていただいた人に山や自然に興味をもっていただき、そして好きになって頂ければとてもうれしいです。 更にコメントをいただけるとなおうれしいです。コメントは山行名をクリックすると一番下に投稿欄が出ます。
”霧(kiri)” TOP > 沢登り > トチメ沢

トチメ沢

日程   :2017年6月24日
場所   :丹沢 大野山南面
メンバー :みかん、popo、ケンちゃん、ucon
天気   :晴れ
ルート&タイム出合8:11→11:42自動車道12:05→(左岸尾根)→13:00P
170624 トチメ沢軌跡

記録
今日はやぶ沢倶楽部のトチメ沢に参加です。

170624P6247748.jpg
道路脇の綺麗に舗装してあるスペースに駐車。この辺りでは新東名の工事が行われているので邪魔にされないか心配したが「土曜日だから休みでしょ!」と勝手に判断する。

170624P6247751.jpg
この橋を渡ります。

170624DSC00005.jpg

170624P6247754.jpg
トチメ沢に入ると「わーなにこれ!」

170624P6247756.jpg
なんとか倒木を越えると小さな滑床。

170624P6247758.jpg
滝も出てきました。

170624P6247762.jpg
10mくらいの直瀑。これは登れない。

170624DSC00021.jpg

170624DSC00024.jpg
取りあえず記念写真です。

170624P6247763.jpg
左側の斜面にわずかについた仕事道から超えます・・が・・

1706240016.jpg
落ち口への道は倒木の枝でこのとおり塞がれている。

170624DSC00029.jpg
これでは突破は無理です。

1706240017.jpg
仕方なく泥斜面を這い上がります。途中に丸い子供の頭大の石がいくつもあり、落とさないようにするのが一苦労。

足にはチェーンアイゼンを履いています。泥壁にはとても役に立ちます。


セカンドはロープをフィックスしてアッセンダーで登ります。


170624P6240336.jpg
沢床にはロープに掴まっておりました。(ウッカリして滑ると滝に落ち込んでしまうので慎重に)

170624P6240337.jpg
落ち口から覗いたところ。

170624P6247770.jpg
小滝を快適に越えてゆきます。

170624P6247772.jpg
7、8mの滝が見えてきました。

170624P6247773.jpg
礫岩で滑りと脆そうと頭から戦力喪失。

170624DSC00049.jpg
右を見上げると桟道が見える。こちらから巻きました。

170624P6247776.jpg
オッ! これは楽しめそうだ。



170624P6247784.jpg
「右端から木に捕まりながら行けそうだよ」

170624P6247788.jpg
トポには黒四段滑床と書いてあったところ。

170624P6247795.jpg
源流です。

170624P6247799.jpg
倒木を踏み越え踏み越え。

170624DSC00096.jpg

170624DSC00108.jpg
舗装道路に到着しました。

170624DSC00119.jpg
左岸尾根を下ります。踏み跡はあるようなないような。 下から1/3くらいには元立派?だったらしい道の痕跡がありました。

170624P6247802.jpg
パーキングに戻ってきました。アチャー、工事の車に囲まれていた。

170624P6247804.jpg
ヒルが付いていました。他にも合計で3匹。でも幸いにも血は吸われていませんでした。よかった!




end
関連記事
[ 2017/06/24 18:34 ] 沢登り | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ucon

Author:ucon
団塊世代前の自称”昔の山男”です。仕事に追いまくられている間は山どころではなかったけど、定年を機に青春を懐かしんでまた登り始めました。これからドンドン友達を増やして、青春を取り戻そうと目論んでいます。・・が、2年前に変人(片腎(腎臓を1コ切除))になってしまいましたので、ガンガンは無理だよな~~・・分かってはいるけど・・おまけに性格も悪いしな~
PCアドレス
ucon3@mg.scn-net.ne.jp
携帯アドレス
ucon-no-higuma@ezweb.ne.jp

ようこそ”霧(kiri)”へ
ご訪問いただいた回数
また来てください。