FC2ブログ

”霧(kiri)”

自分で楽しんだ登山の記録を思い出しながらもう一度楽しんで書いています。 このブログを見ていただいた人に山や自然に興味をもっていただき、そして好きになって頂ければとてもうれしいです。 更にコメントをいただけるとなおうれしいです。コメントは山行名をクリックすると一番下に投稿欄が出ます。
”霧(kiri)” TOP > 沢登り > 柳沢川

柳沢川

日程   :2017年8月27日
場所   :日光 戦場ヶ原 柳沢川
メンバー :みかんさん、ikukoさん、popoさん、Beruninakeikoさん、kadojiroさん、クリ坊さん、さつきさん、sakuraさん、ucon
天気   :晴れ
コース&タイム
赤沼P5:30⇒(バス)⇒西ノ湖入り口6:01→7:28赤岩滝分岐→8:41二俣→(右俣遡行)→11:10P2004の鞍部11:20→
(左俣下降)→13:15二俣→14:08赤岩滝分岐→西ノ湖入り口⇒(バス)⇒15:14赤沼P

170827柳沢軌跡広域
バスを下りてから赤岩滝分岐までは林道と登山道(踏み跡程度)までが長い。

170827柳沢軌跡拡大
赤岩滝分岐を過ぎたら適当なところから入渓する。

記録
170827DSC00005.jpg
赤沼Pから5:30発の中禅寺湖西岸の千手ケ浜行きの低公害バス(ハイブリッド)に乗る。

170827DSC00012.jpg
西ノ湖入り口で下りて白樺とカラマツの林の中の優しい道。

170827DSC00014.jpg
左は西ノ湖、右は赤岩滝方面。右に進みます。

170827DSC00017.jpg
次第に山が迫って道も荒れてきました。

170827DSC00021.jpg
ここで対岸に渡渉します。 林道(廃道)はこの先で対岸に渡っているようだけど殆ど消えかかっている。

170827DSC00026.jpg
右岸を上流に進むと大きな砂防堰堤がありました。

170827DSC00027.jpg
石の上にも3年以上・・・・頑張っています。

170827DSC00028.jpg
まだまだ平らなのでルンルン。

170827DSC00031.jpg
川床が岩盤になってきました。
岩質は凝灰岩みたいな風合いです。

170827DSC00032.jpg

170827DSC00035.jpg
ここを渡ると赤岩滝方面との分岐です。

170827DSC00037.jpg
赤岩滝は右で細々とした踏み跡が付いていました。

170827DSC00048.jpg
本流を行くと3m滝。右側から越えます。



170827DSC00049.jpg
3m滝を上から。

170827DSC00050.jpg
5mくらいか?

170827DSC00057.jpg
右岸が崩壊している。

170827DSC00061.jpg
落石に注意しながら進みます。

170827DSC00069.jpg



170827DSC00070.jpg

170827DSC00071.jpg
左側を快適に登りました。

170827DSC00072.jpg
小滝が続きます。

170827DSC00073.jpg
左側から

170827DSC00074.jpg
綺麗な滑床

170827DSC00075.jpg
快適快適

170827DSC00077.jpg
uconは杖を突きながら・・・・・



170827DSC00078.jpg
癒されますね~

170827DSC00079.jpg
二俣に着きました。

170827DSC00080.jpg
左股。帰りはここを下りてくる積り。 だけど時間の都合で中間尾根をエスケープして下ってくるかも?

170827DSC00081.jpg
二俣で一休み。

170827DSC00082.jpg
右俣に入るとすぐに滑床が続きます。

170827DSC00083.jpg



170827DSC00084.jpg
優し気ですね。

170827DSC00086.jpg
老人たちが遅れ始めました。



170827DSC00087.jpg

170827DSC00088.jpg
「早くおいでよ~」と声を掛けられるけど・・・・サボっているわけじゃないし(老人のツブヤキ)

170827DSC00089.jpg
次第に傾斜が出てきました。

170827DSC00090.jpg
5mくらいか?

170827DSC00094.jpg
奥の方に大きな滑滝が!



170827DSC00095.jpg
これは右から



170827DSC00096.jpg
これも右のブッシュ沿いを。



170827DSC00097.jpg
フィックスをアッセンダー(タイブロック)でぞろぞろと。

170827DSC00102.jpg
滑床は続きます。

170827DSC00103.jpg
上段はどうやら枝沢のよう?

170827DSC00105.jpg
本流は上段の下のテラスから左に向かっていました。

170827DSC00106.jpg

170827DSC00108.jpg
すぐに黒岩の滝に着きました。

170827DSC00112.jpg
皆で記念写真を撮りましょう。

170827DSC00114.jpg
背景を入れてみかんさんが撮りました。

170827DSC00115.jpg
さて、左側(右岸)を巻きます。

170827DSC00117.jpg
やぶをガサガサと。 踏み跡があります。

170827DSC00118.jpg
巻きの途中から落ち口の上辺りを見る。

170827DSC00120.jpg
最後は5mほど懸垂して沢に戻ります。



170827DSC00122.jpg
見上げると大きな滑滝が。

170827DSC00129.jpg
傾斜も緩んで源流の趣。

170827DSC00135.jpg

170827DSC00136.jpg
若者たちはスイスイ

170827DSC00137.jpg
水は消えました。

170827DSC00138.jpg
あそこに見えるのが標高2004mのピークとの鞍部。登りはクマザサを掻き分けて20mくらいか?

170827DSC00139.jpg

170827DSC00141.jpg
鞍部に着きました。

170827DSC00142.jpg
う~ん!と腰を伸ばしているikukoさん。

170827DSC00143.jpg
こちらは〇〇ポーズ。

170827DSC00145.jpg
さて、沢に向かって下りましょう。時間が掛かったら最終バスに間に合わないので2時間強のバス道歩きですが。

170827DSC00146.jpg
沢に入りました。後はドンドン下るだけ!

170827DSC00148_20170830110536e40.jpg

170827DSC00150.jpg

170827DSC00152.jpg
石を落とさないでね。

170827DSC00153.jpg
左側は崖、落石が怖い。

170827DSC00155.jpg
大分水も増えてきた。

170827DSC00159.jpg
一つ目の懸垂した滝



170827DSC00161.jpg
二つ目の懸垂した滝。



170827DSC00163.jpg
ここはスイスイ歩いて下りたのかな?? 枝沢でした。



170827DSC00165.jpg
ここはゴボウで下りました。

170827DSC00166.jpg
二俣に戻ってきました。

170827DSC00167.jpg
来るとき登った滝です。

170827DSC00170.jpg
林の中を歩けるところは歩いて先を急ぎます。だってバスに乗りたいから。

170827DSC00172.jpg

170827DSC00173.jpg
林道に出ました。

170827DSC00174.jpg
もうすぐバス停、間に合いそうです。

170827DSCN9680.jpg
結局急いだお陰で1台前のバスに間に合いました。


end
関連記事
[ 2017/08/28 10:42 ] 沢登り | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ucon

Author:ucon
団塊世代前の自称”昔の山男”です。仕事に追いまくられている間は山どころではなかったけど、定年を機に青春を懐かしんでまた登り始めました。これからドンドン友達を増やして、青春を取り戻そうと目論んでいます。・・が、2年前に変人(片腎(腎臓を1コ切除))になってしまいましたので、ガンガンは無理だよな~~・・分かってはいるけど・・おまけに性格も悪いしな~
PCアドレス
ucon3@mg.scn-net.ne.jp
携帯アドレス
ucon-no-higuma@ezweb.ne.jp

ようこそ”霧(kiri)”へ
ご訪問いただいた回数
また来てください。