FC2ブログ

”霧(kiri)”

自分で楽しんだ登山の記録を思い出しながらもう一度楽しんで書いています。 このブログを見ていただいた人に山や自然に興味をもっていただき、そして好きになって頂ければとてもうれしいです。 更にコメントをいただけるとなおうれしいです。コメントは山行名をクリックすると一番下に投稿欄が出ます。
”霧(kiri)” TOP > 沢登り > 沖ノ源次郎沢

沖ノ源次郎沢

日程    :2017年11月19日
場所    :丹沢 水無川 沖ノ源次郎沢
メンバー  :みかん、popo、berninakeiko、かとりん、ucon
天気    :晴れ後曇り(小雪)
コース&タイム
戸沢出合6:32→7:52沖ノ源次郎沢出合→F1、F2登攀10:14→12:23源次郎尾根稜線(休憩)→(源次郎尾根下降)
→14:19戸沢出合
沖源沖源軌跡
計画は源次郎沢を下降する予定だったが尾根に出たところで低く雲が垂れ込め、小雪(シオテ?)も舞い始めたのでなんとなく
気持ちがブルーになり最短の源次郎尾根を下ることにした。

記録
”やぶ沢倶楽部”の計画です。
沖ノ源次郎沢は沢と言うより涸れ棚の連続でルンゼの雰囲気です。
核心は出合いのF1F2の登攀ですがその上にも乾いてフリクションの効く5~10mの涸れ棚がいくつかあり楽しめます。
沢シューズよりもマルチ用のクライミングシューズの方が楽しめるかもしれません。
下山は源次郎尾根を下ると1時間強で車のある戸沢出合い広場に戻れますが少し読図が必要。

沖源DSC00001
イチョウやカエデも色着いた晩秋の戸沢出合広場。

沖源DSC00015
沖ノ源次郎沢出合に着きました。

沖源DSC00016
F1です。涸れ棚だから滝と言うより岩壁に近いです。高さは25m弱か?

みかんさんがリードします。


沖源DSCN7307

沖源DSC00029
F1をフローで登るpopoさんとberninakeikoさん。ロープをフィックスしてアッセンダー(タイブロック)で登っています。

沖源DSC00020
F2です。ここは右の縦にあるクラックに沿って登ります。ここも高さは25m弱か?

F2もみかんさんがリード


下手さを棚に上げてロープにしがみ付いて登るucon。


沖源DSC00034
F2を殿で登ってきたberninakeikoさん。

沖源DSC00052
F1F2の登攀がメインで後は乾いた5~10mくらいの涸れ棚をワイワイガヤガヤ楽しみながら登ってゆきます。

沖源DSCN7403
わたしは右から。

沖源DSCN7406
オイラは左から。

沖源DSC00057
出口のチョックストーンは右側をノッコスがノーザイルだとチョット緊張します。

沖源DSCN7365

沖源DSC00060
多段の20m。 一段目(チョックストーンの下)は両手両足を両側に突っ張って。

沖源DSC00061

沖源DSCN7389

沖源DSC00063
この写真ではよく分からないが中央にリッジがある8m。リッジはガバガバ。左右は落ちると痛いのでロープをフィックスして
思い思い楽しみました。

沖源DSCN7395

沖源DSC00065
岩は乾いてシッカリしているので快適です。

沖源DSC00075
最後の詰めをハアハア。あの上が源次郎尾根です。

沖源DSC00077
源次郎尾根に着きました。

沖源DSC00082
通称”赤岩”の上で記念写真。 下界は晴れているようだ。

沖源DSCN7421

沖源DSC00096
下るに従ってまだ残っている紅葉が綺麗でした。

end
関連記事
[ 2017/11/19 23:31 ] 沢登り | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ucon

Author:ucon
団塊世代前の自称”昔の山男”です。仕事に追いまくられている間は山どころではなかったけど、定年を機に青春を懐かしんでまた登り始めました。これからドンドン友達を増やして、青春を取り戻そうと目論んでいます。・・が、2年前に変人(片腎(腎臓を1コ切除))になってしまいましたので、ガンガンは無理だよな~~・・分かってはいるけど・・おまけに性格も悪いしな~
PCアドレス
ucon3@mg.scn-net.ne.jp
携帯アドレス
ucon-no-higuma@ezweb.ne.jp

ようこそ”霧(kiri)”へ
ご訪問いただいた回数
また来てください。