FC2ブログ

”霧(kiri)”

自分で楽しんだ登山の記録を思い出しながらもう一度楽しんで書いています。 このブログを見ていただいた人に山や自然に興味をもっていただき、そして好きになって頂ければとてもうれしいです。 更にコメントをいただけるとなおうれしいです。コメントは山行名をクリックすると一番下に投稿欄が出ます。
”霧(kiri)” TOP > 岩登り > 根子岳(九州の山旅)

根子岳(九州の山旅)

日程  :2012年5月23日
メンバー:小林さん、西郷さん、yamayaこと清水
コース&タイム:車デポ9:10→10;00稜線→10:45天狗→13:25西岳分岐→14:15日の尾峠
a根子軌跡

記録  :今日は阿蘇駅前の道の駅で熊本の友人二人と待ち合わせして3人での山行。・・
と言うよりも二人の案内で技術的にも地形的にも険しい根子岳の縦走をさせていただきました。
根子は関東で言えば妙義のような山です。妙義から鎖やハシゴを取り去ったと考えてください。
高度なルートファインディングとロープワーク、そして5級をこなせる登攀が必要です。
車2台で現地に行き、1台を下山地の日の尾峠にデポしもう一台で登山口に向かう。
人はいないだろうと思っていたらなんと!小林さんの知り合いの人たち6名が既に準備を始めていた。私たちも準備をして一足先に出発する。
aDSC00009.jpg
滝が殆どない沢のグングン高度を上げ、途中から尾根の道になって約40分ほどで天狗のコル近くの稜線に到着した。
aDSC00012.jpg
ここでハーネスをつけて西郷さんリードで天狗に取り付く。確か去年の秋はここは懸垂で下りた。私が2番手、小林さんがラストのオーダーで進む。
aDSC00010.jpg
岩壁は天狗の側壁。
aP1100666.jpg
天狗への登りです。エッ!どこを登るの?という感じ。
aP1100669.jpg
西郷さんを確保する小林さん。
aP1100671.jpg
ミヤマキリシマと小林さん。「どっちがきれい?」と本人のドヤ!!顔です。
みなさんはどっちだと思いますか? 好みですよね。
aDSC00013.jpg
aDSC00014.jpg
aP1100675.jpg
aP1100676.jpg
天狗から懸垂で降ります。50mザイルを折り返して25mピッタシの高さです。
aDSC00015.jpg
天狗を下ると「アリの歯渡り」のようなところがありました。両側はスッパリで下りです。(西に行く場合)
リードの西郷さんはスタスタと歩いて越えました。
あれ?清水さんはどこに行った?・・・「清水さ~ん、ダメだよ、そんなとこに隠れてちゃ!!」
aP1100678.jpg
小林さんは華麗にヒラヒラと歩いてきました。
aDSC00016.jpg
ヒカゲツツジも咲いていました。
aP1100686.jpg
幅1mのキレットです。一跨ぎですが一度下を覗いてしまうととても怖いです。万一を考えてアンザイレンしてもらいました。
aP1100687.jpg
西側から見た天狗。去年の秋は右のスカイラインを登ったのですが「お~コワ」です。
もっとも私は2本のザイルで引っ張りあげてもらった(大名クライム)のですが。
aP1100689.jpg
天狗の西側の岩峰。実はこの向こう側に先週通ったパーティーが回収できずに残置したザイルがあり、その回収を依頼されていました。
aP1100692.jpg
小林さんの確保で西郷さんがそのザイルを回収しています。岩の隙間に挟まっていました。
aP1100690.jpg
今回リードしていただいた西郷さんです。
aP1100691.jpg
aDSC00026.jpg
癒されます。
aP1100694.jpg
中央下部に岩に開いた穴が見えます。数年前まではその上にも穴があったけど天井部分が崩落して、今はU字のキレットになっています。
aP1100696.jpg
リードする西郷さん。有難たいです。
aDSC00027.jpg
振り返るとよくこんなところを・・と思わせる景色がありました。一番左が天狗です。
aDSC00028.jpg
アンザイレンの終了点です。装備を解きました。
aP1100706.jpg
熊本の気の良い友達です。”花とお嬢さん???とおじさん”で二人ともご機嫌です。
aDSC00032.jpg
またもや「清水さ~ん、ツツジと私とどっちがきれい?」・・・小さな声で「も、もちろん〇〇〇です」
aDSC00035.jpg
珍しい白いミヤマキリシマ??です。(なんか違うような??)地元の人もめったに見ないとか。
aDSC00038.jpg

壁紙にしたくなるようなツツジです。
aP1100712.jpg
終了点の西の峰から40分くらいで日ノ尾峠に到着した。デポした車が出迎えてくれた。おりこうさん!

関連記事
[ 2012/06/05 16:02 ] 岩登り | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ucon

Author:ucon
団塊世代前の自称”昔の山男”です。仕事に追いまくられている間は山どころではなかったけど、定年を機に青春を懐かしんでまた登り始めました。これからドンドン友達を増やして、青春を取り戻そうと目論んでいます。・・が、2年前に変人(片腎(腎臓を1コ切除))になってしまいましたので、ガンガンは無理だよな~~・・分かってはいるけど・・おまけに性格も悪いしな~
PCアドレス
ucon3@mg.scn-net.ne.jp
携帯アドレス
ucon-no-higuma@ezweb.ne.jp

ようこそ”霧(kiri)”へ
ご訪問いただいた回数
また来てください。