FC2ブログ

”霧(kiri)”

自分で楽しんだ登山の記録を思い出しながらもう一度楽しんで書いています。 このブログを見ていただいた人に山や自然に興味をもっていただき、そして好きになって頂ければとてもうれしいです。 更にコメントをいただけるとなおうれしいです。コメントは山行名をクリックすると一番下に投稿欄が出ます。
”霧(kiri)” TOP > 道具 > スノーシュー

スノーシュー

今回は暇なので自分が持っているスノーシューを比較してみた。

DSCN0052.jpg
上 :MSRライトニングアッセント22ウイメンズ  
下 :TUBBS フレックス22ウイメンズ
長さはMSRが55cm、TUBBSが57cmと約2cm長い。
幅はMSRが18cm、TUBBSが19.5cmと1.5cm広い。
重さは若干加工してあるので極僅か違うが両方とも790g/片足と同じであった。
TUBBSのヒールアップは自作したもの。
価格 :MSRが約41,000円、TUBBUSがこのモデルは16,000円と大きく差がある。

DSCN0053.jpg
裏側

DSCN0054.jpg
裏側をテール(後ろ)方向から見たところ。

DSCN0055.jpg
裏側を前方からみたところ。

DSCN0056.jpg
斜め前方から見たところ

浮力 :両方とも差は感じない。
履きやすさ :両方とも足の位置を前後に調整でき、脱着の手間もあまり変わらない。
歩行 :平地なら差は感じないが急斜面になるとMSRに軍配が挙がる。
     上り下りの雪のグリップはMERの2枚の大きなスチール板が効いていてグリップ力に大きな差が見られる。
     斜面のトラバースはTUBBSの2枚のスチールレールが効いているらしく若干グリップが良いように感じた。
使い分け :TUBBSのこのモデルはスノーハイク用と謳っているので緩やかな起伏のルートにはコスパも含め
     向いている。
     一方MSRはとにかく高価だ。しかし登山のアプローチなどに使う場合はグリップが良いので登り下りの
     安心感に差があり、行程時間にも短縮できるし滑る危険度も低い。
総合 :高価だがMSRを購入すれば登山にもハイクにも使えるのでこっちを買っておいた方が良いと思う。
     ただ人間誰しも両方使ってみないと差を実感し納得できないだろうから両方買ってください。


end
関連記事
[ 2018/01/27 12:29 ] 道具 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ucon

Author:ucon
団塊世代前の自称”昔の山男”です。仕事に追いまくられている間は山どころではなかったけど、定年を機に青春を懐かしんでまた登り始めました。これからドンドン友達を増やして、青春を取り戻そうと目論んでいます。・・が、2年前に変人(片腎(腎臓を1コ切除))になってしまいましたので、ガンガンは無理だよな~~・・分かってはいるけど・・おまけに性格も悪いしな~
PCアドレス
ucon3@mg.scn-net.ne.jp
携帯アドレス
ucon-no-higuma@ezweb.ne.jp

ようこそ”霧(kiri)”へ
ご訪問いただいた回数
また来てください。