FC2ブログ

”霧(kiri)”

自分で楽しんだ登山の記録を思い出しながらもう一度楽しんで書いています。 このブログを見ていただいた人に山や自然に興味をもっていただき、そして好きになって頂ければとてもうれしいです。 更にコメントをいただけるとなおうれしいです。コメントは山行名をクリックすると一番下に投稿欄が出ます。
”霧(kiri)” TOP > 積雪期 > 一ノ倉スノーハイク

一ノ倉スノーハイク

日程    :2018年2月21日
場所    :湯檜曽川~一ノ倉沢旧道まで
参加者   :みかんさん、ucon
天気    :降雪
歩行距離 :7.6km
コース&タイム
ロープウェーP9:57→(ショートカット)→10:08新道→10:41マチガ沢出合→11:06一ノ倉沢出合→11:53旧道12:19→
12:41一ノ倉沢出合→12:58マチガ沢出合→13:28西黒沢出合→13:36車道→13:59ロープウェーP
180214一ノ倉スノーハイク軌跡
ロープウェーPから急斜面を下りて新道に出たが時間的にはキチンと車道を使ったのと大差ないと思う。
またかなりの急斜面で転落する可能性もあるのでもし使うなら自己責任で。

記録
ノンビリと雪をまとった一ノ倉沢見物。

180221DSC00002.jpg
土合駅前を予定していたけど積雪が多く、既に車で満杯だったので止む無くロープウェーの駐車ビルに来ました。
ウィークデーは無料です。

180221DSC00005.jpg
道路を新道入り口まで行くのは面倒だったので駐車場から直接新道に下りることにした。

180221DSC00010.jpg
標高差は50mくらいだがかなりの急斜面。途中で引き返したくなったが登りなおすのも大変なので頑張って?下りました。

180221DSC00040.jpg
湯檜曽河畔の雪道はトレースもあってノンビリ。
左前方に堅炭岩が見えてきました。

180221DSC00050.jpg
左岸の急峻なゼニイレ沢から雪崩が押し出して流れを埋めている。

180221DSC00060.jpg
一ノ倉の岸壁を正面に見ながらラッセルです。

180221DSC00061.jpg
三角の岩が衝立でその右がコップ状岸壁。

180221DSC00078.jpg
旧道まで来ました。

180221DSC00088.jpg
お湯を沸かしてお昼です。

180221DSC00089.jpg
一応記念写真。


180221DSC00093.jpg
降雪が強くなってきたので帰ります。

180221P2210374.jpg
同行者から「1枚くらい撮って」と言われてパチリ。
最近体力が落ちて歩くのに必死で写真を撮る気力が失せたのかな? 
多分Wストックだし、オーバーミトンなので面倒なだけだと思います。・・・・・・そう思いたい。

180221DSC00114.jpg
もう少しで車道だけど最後の見せ場の西黒沢出合いを見物。
滝は結氷していました。時々滝の少し上を車が通るのが見えます。

180221DSC00117.jpg
あの建物の前が車道です。
帰りは素直に車道を歩いてPに戻ります。・・・と言うより朝下ったショートカットのトレースは急で危険だし、何より疲れます。

180221DSC00119.jpg
ロープウェーのパーキングに戻ってきました。

end
関連記事
[ 2018/02/23 11:46 ] 積雪期 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ucon

Author:ucon
団塊世代前の自称”昔の山男”です。仕事に追いまくられている間は山どころではなかったけど、定年を機に青春を懐かしんでまた登り始めました。これからドンドン友達を増やして、青春を取り戻そうと目論んでいます。・・が、2年前に変人(片腎(腎臓を1コ切除))になってしまいましたので、ガンガンは無理だよな~~・・分かってはいるけど・・おまけに性格も悪いしな~
PCアドレス
ucon3@mg.scn-net.ne.jp
携帯アドレス
ucon-no-higuma@ezweb.ne.jp

ようこそ”霧(kiri)”へ
ご訪問いただいた回数
また来てください。