FC2ブログ

”霧(kiri)”

自分で楽しんだ登山の記録を思い出しながらもう一度楽しんで書いています。 このブログを見ていただいた人に山や自然に興味をもっていただき、そして好きになって頂ければとてもうれしいです。 更にコメントをいただけるとなおうれしいです。コメントは山行名をクリックすると一番下に投稿欄が出ます。
”霧(kiri)” TOP > 積雪期 > 北アルプス 霞沢岳(西尾根)

北アルプス 霞沢岳(西尾根)

日程    :12年1月6~8日
天気    :晴れ
メンバー   :(L)ちょうさん、(SL)pokareさん」、mikkoさん、みーたん、FUYOUさん、私(motoyamaya)
霞沢・西尾根
6日  
ちょうさん、mikkoさんと私は16:30に平塚をでて沢渡に22:00ころ到着後車中泊。
他のメンバーはどれぞれどこかで寝ているだろう。
7日
6:30に全員沢渡第駐車場にみーたんは石川県、FUYOUさんは埼玉県、pokareさんは千葉県からそれぞれ到着そ全員集合。
予約してあった2台のタクシーで釜トンネル入り口へ(タクシー代 2,800円/1台)
釜トンの中は灯かりもあり、路面も乾いているので歩きやすい。
トンネルの長さは約1300m
トンネルをでて約1kmで右の砂防事務所方面の道に100mほど入ると西尾根の取り付きだ。
1.jpg
ここは尾根の上にある電柱(小さな鉄塔)の見回り道で雪がなければ会談の急な道。2本のロープが垂れていた、笹の尾根を登る
尾根上は雪も少なく笹がでている。ところどころ急斜面になると笹につかまってよじ登る。
しかし新しいトレースがあるので判断に迷うこともなく有難かった。
BC設営
12時に1950mのBC設営地点に着いた。4~5人用のテント2張りを設営。
ちなみにここから上には2張り設営できる場所はなかった。
午後からはタップリある時間をテントの中でお茶しながら歓談したり、昼寝をしたりして
過ごす。
雪稜
約2400mで森林限界になると痩せ尾根となる。今回は雪が少ないので安定していたが
多いと雪稜になりそうな場所。霞 岩場
痩せ尾根を越えると約25mの岩場。
今回は雪が少なくロープは念のために張ったが初心者がいなければ不要か。
岩場
岩場を登ると緩やかな尾根となる。霞 もうすぐ山頂
山頂が近づくと台地状になる。
吹雪に巻かれると方向を見失いそうなところだ。
霞沢 山頂
山頂。正面に穂高連邦が見える。天気も良くて大パノラマだ。
本州中部の主な山は全部見える。
南アルプス甲斐駒ケ岳の右に薄っすらと富士山も見えた。
景色を楽しんでもと来た道を下る。
1時間でBC。撤収してから1時間で車道、車道でタクシーを予約して1時間で釜トン出口。そこにタクシーが待っていた。
今回は雪が比較的少なくて、おまけにトレースがあったので楽な雪山が楽しめた。
関連記事
[ 2012/01/16 09:57 ] 積雪期 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ucon

Author:ucon
団塊世代前の自称”昔の山男”です。仕事に追いまくられている間は山どころではなかったけど、定年を機に青春を懐かしんでまた登り始めました。これからドンドン友達を増やして、青春を取り戻そうと目論んでいます。・・が、2年前に変人(片腎(腎臓を1コ切除))になってしまいましたので、ガンガンは無理だよな~~・・分かってはいるけど・・おまけに性格も悪いしな~
PCアドレス
ucon3@mg.scn-net.ne.jp
携帯アドレス
ucon-no-higuma@ezweb.ne.jp

ようこそ”霧(kiri)”へ
ご訪問いただいた回数
また来てください。