FC2ブログ

”霧(kiri)”

自分で楽しんだ登山の記録を思い出しながらもう一度楽しんで書いています。 このブログを見ていただいた人に山や自然に興味をもっていただき、そして好きになって頂ければとてもうれしいです。 更にコメントをいただけるとなおうれしいです。コメントは山行名をクリックすると一番下に投稿欄が出ます。
”霧(kiri)” TOP > ハイキング > 二子山

二子山

日程    :2018年6月13日(水)
場所    :秩父
天気    :快晴
参加者   :みかん」、popo、ucon
歩行距離 :4.5km
累積登行 :495m
コース&タイム
P8:07→8:16又峠→9:12東岳→9:52又峠→(上級コース)→10:55西岳11:29
→12:14下降点→13:15ローソク岩13:41→14:02又峠→14:10P
180613 二子山軌跡

記録
梅雨の晴れ間を狙って秩父の二子山に行きました。
ここはクライミングで有名な石灰岩の岸壁がある岩山だが我々はもちろんそんな
危ないところには行かない。稜線をノンビリとハイキングしてきました。

1806132.jpg
林道横のP

1806131.jpg
登山口の写真を撮ったり、GPSを起動したり準備中。

1806133.jpg
登山口。

1806134.jpg
林の中を緩やかに登る。

1806135.jpg
すぐに東岳と西岳の鞍部、又(股)峠に着きました。

1806136.jpg
「西岳は危ないよ、気を付けて」という看板が目を引きます。

1806137.jpg

<東岳>

1806138.jpg
先ずは東岳に登りましょう。

1806139.jpg
緩やかだけど泥の道で昨夜の雨でツルツル。

18061310.jpg
次第に岩が出始めます。この岩は石灰岩です。

18061311.jpg

18061312.jpg

18061313.jpg

18061314.jpg
チョットしたヘツリ。鎖や足場も取り付けられているので大丈夫。

18061315.jpg

18061316.jpg

18061317.jpg
尾根に出ると視界が開けました。

18061318.jpg
後ろに西岳が聳えて見えました。

18061319.jpg
あそこが東岳の山頂。

18061320.jpg

18061321.jpg

18061322.jpg

18061323.jpg

18061324.jpg

18061325.jpg

18061326.jpg
ルートを間違うと往生するので注意。

18061327.jpg

18061328.jpg

18061329.jpg

18061330.jpg

18061331.jpg

18061332.jpg

18061333.jpg
シモツケソウ

18061334.jpg

18061336.jpg
popoさんがサルナシだと言っていた。
6/15  popoさんからサルナシでは無さそう・・・と連絡あり。

18061337.jpg
東岳山頂に着きました。

18061338.jpg
ハイ ポーズ

18061339.jpg
山頂は灌木で囲まれているので更に30mくらい進むとこんもりした岩峰があります。
道もあるので行ってみました。

18061340.jpg
遠くに見えるのは武甲山か?

18061341.jpg
両神山方面

18061342.jpg
又峠に戻りましょう。慎重にね。

18061343.jpg
もうすぐ又峠。

18061344.jpg

<西岳>
次は西岳です。

18061345.jpg

18061347.jpg
林の中を約100m(高さ)登ると岩場に突き当たります。
右に登山道を行くのが一般登山道で左に細い踏み後を行くのが上級者コース。

18061348.jpg
岩の裾を巻くように。

18061349.jpg
どうやら篤志家が鎖を設置したら今で言う ”炎上” したらしい。

18061350.jpg

18061351.jpg
ここが取り付き。右上にバンドを登ります。花崗岩はシッカリしているし
ガバガバなので問題ありません。

18061352.jpg

18061353.jpg

18061354.jpg

18061355.jpg
たしかに鎖はない方がバランスがとり易く安全だと感じました。
(鎖があるとついつい両手でぶら下がって足が疎かになるので)

18061356.jpg

18061357.jpg

18061358.jpg

18061359.jpg

18061360.jpg

18061361.jpg
ここまで来れば急な岩場は終わりです。

18061362.jpg
オオヒョウタンボク?

18061363.jpg
稜線上に出ました。

18061364.jpg

18061365.jpg

18061366.jpg
一般道との合流点。

18061367.jpg

18061368.jpg
どうやらあそこが山頂らしい。

18061369.jpg

18061370.jpg

18061371.jpg
サテ、山頂だから休みましょう。

18061372.jpg
ハイ ポーズ

18061373.jpg
至福のひととき。

18061374.jpg
休んだら更に西に向かって進みます。

18061375.jpg

18061376.jpg

18061377.jpg

18061378.jpg

18061379.jpg

18061380.jpg

18061381.jpg
さっきいた山頂を振り返る。

18061382.jpg

18061383.jpg

18061384.jpg

18061385.jpg

18061386.jpg
この鎖場が稜線から離れる下降点です。

18061387.jpg
5mほどの垂壁を鎖に掴まっております。
足場はあるし、1か所には鉄の足場が取り付けてありました。

18061388.jpg

18061389.jpg

18061390.jpg

18061391.jpg
鎖場を下りると岸壁下の杉林。ほっとします。

18061392.jpg

18061393.jpg

18061394.jpg
魚尾峠。「魚の尻尾」と言えばヒマラヤの「マチャプチャレ」を思い出します。
ヒマラヤトレッキング風に言うと「マチャプチャレ・ラ」・・・ラはネパール語で「峠」らしい。
私たちは岩壁の裾を回って又峠に戻ります。途中にローソク岩があるのです。

18061395.jpg

<ローソク岩>

18061396.jpg
ローソク岩は道を逸れて少し(高さで約100m)登ります。

18061397.jpg
岩に着き当たったら左上に行きます。

18061398.jpg
ローソク岩らしいけど木々でよく見えません。

18061399.jpg
左の岩がローソク岩らしい。

180613100.jpg
このルートならアルパインクライマーでも登れそう。

180613101.jpg

180613102.jpg

180613103.jpg
更に上に登るとローソク岩のテッペンがよく見えます。

<帰り>
ローソク岩を見たら岩壁の裾を回って又峠に向かいます。

180613104.jpg

180613105.jpg

180613106.jpg
小さな祠がありました。

180613107.jpg
みかんさんは信心深い??な~
お賽銭は1円にしたそうです。

180613108.jpg

180613109.jpg
ハイカーの私たちでも被っているのだからクライマーは絶対ヘルメットを被りましょう。

180613110.jpg
又峠に戻ってきました。

180613111.jpg

180613112.jpg
峠から数分で林道に出ます。

180613113.jpg

180613114.jpg
行くときは気づかなかったけど町で登山者数をカウントしています。


end
関連記事
[ 2018/06/14 09:30 ] ハイキング | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ucon

Author:ucon
団塊世代前の自称”昔の山男”です。仕事に追いまくられている間は山どころではなかったけど、定年を機に青春を懐かしんでまた登り始めました。これからドンドン友達を増やして、青春を取り戻そうと目論んでいます。・・が、2年前に変人(片腎(腎臓を1コ切除))になってしまいましたので、ガンガンは無理だよな~~・・分かってはいるけど・・おまけに性格も悪いしな~
PCアドレス
ucon3@mg.scn-net.ne.jp
携帯アドレス
ucon-no-higuma@ezweb.ne.jp

ようこそ”霧(kiri)”へ
ご訪問いただいた回数
また来てください。