FC2ブログ

”霧(kiri)”

自分で楽しんだ登山の記録を思い出しながらもう一度楽しんで書いています。 このブログを見ていただいた人に山や自然に興味をもっていただき、そして好きになって頂ければとてもうれしいです。 更にコメントをいただけるとなおうれしいです。コメントは山行名をクリックすると一番下に投稿欄が出ます。
”霧(kiri)” TOP > 沢登り > 一之瀬川本流

一之瀬川本流

日程    :2018年8月19日
場所    :奥秩父 丹波川 一之瀬川
メンバー  :(L)りんご、パーマン、ゆず、ucon
天気    :快晴
歩行距離 :
累計登高 :
コース&タイム
出合から入渓7:30→9:19第一9:19ゴルジェ→10:09脱渓点→(エスケープ)→10:38林道11:00→11:16P
180819 一之瀬本流軌跡
赤線が今回の軌跡。第一ゴルジェを突破出来ず敗退した。
緑線は当初の予定。

記録
道の駅たばやまでシュラフに入って車中泊したが寒くて目が覚めてしまった。
寒くて第一ゴルジェを越えることが出来ず、敗退してしまった。

180811P8191787.jpg
旧道の入り口に駐車して支度します。
「まだ7時過ぎで寒いのでゆっくりやっていいよ」とリーダーから指示が飛ぶ。

180811P8191791.jpg
水量は平水だと思う。

180811P8191792.jpg

180811P8191794.jpg

180811P8191796.jpg
難しそうな左岸を行くパーマンさん。




180811P8191797.jpg
左岸(右側)のヘツリを頑張るゆず君。

180811P8191801.jpg


右端で浮いていれば反流で自然に流れ突破できる。


ヘツって遊ぶリーダーのりんごさん。

180811P8191806.jpg
最初のゴルジェ(第一ゴルジェ)に到着。

180811P8191807.jpg

パーマンさんが果敢に数回チャレンジしたが身体が冷えて来るのか次第に動きが緩慢になってきた。
最後にリーダーがチャレンジしたが既にここまでにかなり体が冷えていることもあり失敗。
低体温症の恐れがあるとの判断でリーダーが撤退を決断。
(画面が小刻みに揺れているのは寒くて撮影者(私)の手が震えているため)

180811P8191810.jpg
すごすごと敗退(撤退)

この下のトロを流れ下って右岸の急斜面を林道まで登り脱出しました。

後で聞いたら8月18,19日は真夏にしては下界でも記録的な涼しさだったとのこと。
標高約900mで朝8~10時と早くしかも谷底で日が指さないのでカメラを持つ
手もガタガタ震え、もちろん足もブルブル・・・とにかく寒かった。

次回チャレンジするならリード役だけでも上半身に薄いウェットスーツを着用
するくらいの準備が必要だと反省。

END
関連記事
[ 2018/08/21 06:11 ] 沢登り | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ucon

Author:ucon
団塊世代前の自称”昔の山男”です。仕事に追いまくられている間は山どころではなかったけど、定年を機に青春を懐かしんでまた登り始めました。これからドンドン友達を増やして、青春を取り戻そうと目論んでいます。・・が、2年前に変人(片腎(腎臓を1コ切除))になってしまいましたので、ガンガンは無理だよな~~・・分かってはいるけど・・おまけに性格も悪いしな~
PCアドレス
ucon3@mg.scn-net.ne.jp
携帯アドレス
ucon-no-higuma@ezweb.ne.jp

ようこそ”霧(kiri)”へ
ご訪問いただいた回数
また来てください。