FC2ブログ

”霧(kiri)”

自分で楽しんだ登山の記録を思い出しながらもう一度楽しんで書いています。 このブログを見ていただいた人に山や自然に興味をもっていただき、そして好きになって頂ければとてもうれしいです。 更にコメントをいただけるとなおうれしいです。コメントは山行名をクリックすると一番下に投稿欄が出ます。
”霧(kiri)” TOP > ハイキング > 頭高山

頭高山

日程    :2018年11月14日
場所    :渋沢丘陵
メンバー  :ucon
天気    :晴れ
歩行距離 :14.5km
総登高  :317m
コース&タイム
渋沢駅8:21→9:45神山滝→10:41頭高山→12:00渋沢鉱山跡
→12:43八国見山→13:17栃窪神社→14:00渋沢駅
181114 頭高山軌跡

記録
今日は神山滝と頭高山、渋沢鉱山跡を廻るハイキング。
14.5kmを5時間40分で歩いた。

01181114.jpg
小田急線渋沢駅南口

02181114_2018111611054994b.jpg
秦野盆地の向こうに大山丹沢連峰が見渡せる。

03181114.jpg
車止めがあり

04181114.jpg
地域の融資が建てた”矢倉沢古道”の看板。
矢倉沢古道は東海道の脇街道でかなり賑わったらしい。

05181114.jpg
有志が建てた”車馬通行禁止”の看板。・・・・・・・自動車はどう見ても通れそうもないな~ でもう馬は通れそう。

06181114.jpg
小田急線線路の脇に出た。

07181114.jpg
線路わきに不動明王の石像が。

踏切りを南から北に渡ります。

08181114.jpg
細いアルミの足場板が渡してある。これも知育の”矢倉沢古道を守る会”の人たちが整備したもの。

09181114.jpg
四十八瀬川を渡って河原側から見た橋。スパンが長いのでかなりたわみます。重めの人は要注意。

10181114.jpg
国道246の歩道を歩きます。

11181114.jpg
旧246号線に入ってまた小田急線を北から南に越えます。

12181114.jpg
道路脇にあるお墓?

13181114.jpg
そのすぐ脇に神山滝と頭高山への登山道がある。

14181114.jpg
高さで50m登ったところから神山滝へ下りる道が分かれるが”冬季は危険”と規制線があった。
確かに急な斜面の細い泥道なので滑って転落する危険はありました。スニーカーなどは注意。

15181114.jpg
2段の立派な滝だった。高さを高度計で計ったら20m位か?

16181114.jpg
約150mほど登ると丸い山頂が頭高山。
東屋があるが樹林に囲まれているので見晴らしはイマイチかな?

17181114.jpg
東側に下って行くとトイレがありました。 
こちら側が一般登山道のようです。

18181114.jpg
大山から塔が岳までの稜線が綺麗に見える。

19181114.jpg
桜並木。春にもう一度来てみよう。

20181114.jpg
みかん畑があってこの木は1個20円でもいで良いらしい。
私は2個(40円支払い)いただきました。

21181114.jpg
駐車場もあります。
季節によっては一杯になるのでしょうか?

22181114.jpg
峠集落の家並み。

23181114.jpg
集落を抜けて渋沢鉱山跡にむかいます。
この先で谷間のジメジメした細い道になるがドンドン進みます。

24181114.jpg
道の脇に鉱山で使ったらしい機械の残骸がありました。

25181114.jpg
この川を飛び石で対岸に渡ります。

26181114.jpg
すぐに鉱山の導坑があります。
水が溜まっているので入りません。(水が無くても入りません)

27181114.jpg
更に細い薮に覆われた崩れかけた道を30m進むと沢に突き当たって道が無くなります。

28181114.jpg
その右側(右岸)に導坑がいくつか口を開けています。
戦時中から戦後にかけて石膏を産出していたようです。

29181114.jpg

30181114.jpg
鉱山跡を後にして再び峠集落を抜けて八国見山にきました。
ここも地域の人により整備されたようですがそれから年数が経っている
ようでほとんど踏み跡程度の道です。私はどうやら裏から来たようで
道はないと言っても過言ではありませんでした。

31181114.jpg
これは八国見山の表登山道。

32181114.jpg
栃窪神社。綺麗に掃除や管理が行き届いている。

33181114.jpg
大山。秋の山里を思わせる風景に無粋な私で州が思わずパチリ。

end
関連記事
[ 2018/11/14 16:38 ] ハイキング | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ucon

Author:ucon
団塊世代前の自称”昔の山男”です。仕事に追いまくられている間は山どころではなかったけど、定年を機に青春を懐かしんでまた登り始めました。これからドンドン友達を増やして、青春を取り戻そうと目論んでいます。・・が、2年前に変人(片腎(腎臓を1コ切除))になってしまいましたので、ガンガンは無理だよな~~・・分かってはいるけど・・おまけに性格も悪いしな~
PCアドレス
ucon3@mg.scn-net.ne.jp
携帯アドレス
ucon-no-higuma@ezweb.ne.jp

ようこそ”霧(kiri)”へ
ご訪問いただいた回数
また来てください。