FC2ブログ

”霧(kiri)”

自分で楽しんだ登山の記録を思い出しながらもう一度楽しんで書いています。 このブログを見ていただいた人に山や自然に興味をもっていただき、そして好きになって頂ければとてもうれしいです。 更にコメントをいただけるとなおうれしいです。コメントは山行名をクリックすると一番下に投稿欄が出ます。
”霧(kiri)” TOP > 無雪期 > 王岳・五湖山

王岳・五湖山

日程    :2019年1月11日
場所    :富士五湖 西湖周辺
メンバー  :ucon
天気    :快晴
歩行距離 :13.7km
総登高距離:1003m
ルート&タイム
西湖根場P7:05→8:02林道終点→9:18王岳9:32→11:08五湖山11:18→11:47西精山
→13:11道路→14:05西湖根場P
王岳軌跡

記録
暇だな~。
前回三方山に行ったとき気になった五湖山に行こう。
どうせなら王岳から縦走して・・・と思ったけど阿難峠から精進湖に下りると
出発点に戻るのに舗装道路を延々と歩かねばならない。
バスも有るらしいけど乗り継ぎなどがあって、調べるのもめんどうだし
そうだ道はなさそうだけどどうせ歩くなら尾根を縦走して下ろう。
結局、舗装路歩きを半分に短縮出来ました。

DSCN1459.jpg
舗装路を横切って真っ直ぐ進みます。
集落の中の登山道入り口を見つけるのは意外に難しいのです。

DSCN1461.jpg
鉄骨の堰堤(砂防ダム)の下を右に渡ります。

DSCN1463.jpg
コンクリートの堰堤が沢山見えます。

DSCN1467.jpg
林道の終点?と言うか、ここから登山道に入ります。

DSCN1469.jpg
上の方にはクマザサがありました。今やクマザサは絶滅危惧種??だから貴重です。

DSCN1470.jpg
尾根に出ました。

DSCN1473.jpg
道はクマザサに覆われていて・・・歩きづらいです。

DSCN1475.jpg
振り返れば富士山に見守られていた。

DSCN1476.jpg
西方をみると青木ヶ原の向こうは朝霧高原か? 右の山は毛無山。

DSCN1477_20190112101944e78.jpg
稜線に合流です。

DSCN1481_201901121020149cd.jpg
王岳に到着。何はなくとも先ずは記念写真。

DSCN1479.jpg
西湖の向こうに紅葉台。

DSCN1485.jpg
林の奥に南アルプス。

DSCN1486.jpg
五湖山に向かうと一か所こんな岩があります。

DSCN1487_201901121021144e2.jpg
南アルプスが大分近づいてきました。(ウソ) 白根三山のアップです。

DSCN1488.jpg
富士山は常について回ります。ウザいです(バチアタリ)

DSCN1494.jpg
五湖山に到着。

DSCN1496.jpg
P1295.2mに小さな(横10cm)くらいの木札が掛けてありました。
読めないけど精進湖の近くなので西精山なのでしょう。

DSCN1497_201901121023018c1.jpg
ちょっとした痩せ尾根がありました。

DSCN1500_2019011210231783c.jpg
道路に到着。

DSCN1506.jpg
「野鳥の森公園」の氷のオブジェと富士。 アイスクライムしたいな~。

DSCN1510.jpg

END
関連記事
[ 2019/01/11 17:03 ] 無雪期 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ucon

Author:ucon
団塊世代前の自称”昔の山男”です。仕事に追いまくられている間は山どころではなかったけど、定年を機に青春を懐かしんでまた登り始めました。これからドンドン友達を増やして、青春を取り戻そうと目論んでいます。・・が、2年前に変人(片腎(腎臓を1コ切除))になってしまいましたので、ガンガンは無理だよな~~・・分かってはいるけど・・おまけに性格も悪いしな~
PCアドレス
ucon3@mg.scn-net.ne.jp
携帯アドレス
ucon-no-higuma@ezweb.ne.jp

ようこそ”霧(kiri)”へ
ご訪問いただいた回数
また来てください。