FC2ブログ

”霧(kiri)”

自分で楽しんだ登山の記録を思い出しながらもう一度楽しんで書いています。 このブログを見ていただいた人に山や自然に興味をもっていただき、そして好きになって頂ければとてもうれしいです。 更にコメントをいただけるとなおうれしいです。コメントは山行名をクリックすると一番下に投稿欄が出ます。
”霧(kiri)” TOP > 無雪期 > 釈迦が岳・黒岳

釈迦が岳・黒岳

日程    :2019年1月14日
場所    :御坂山塊 釈迦が岳~黒岳
メンバー  :ucon
天気    :晴れ
歩行距離 :13.3km
総登高距離:914m
ルート&タイム
釈迦が岳登山口6:59→7:55稜線→8:30釈迦が岳8:40→9:39日向坂峠→11:05黒岳11:22
→11:47すずらん峠→11:57破風山→12:27新道峠→(林道)→14:04釈迦が岳登山口
釈迦が岳・黒岳

記録
御坂山塊第3弾、またまた快晴の富士を見に来ました。

DSCN1514.jpg
釈迦が岳登山口側の路側に駐車。

DSCN1515.jpg
登山口。左の林道をしばらく進みます。

DSCN1519.jpg
尾根に出ました。
一昨日の夜の雪が薄っすらと積もっています。

DSCN1524_201901150921519d6.jpg
釈迦が岳直下の西面は小さなバットレスになっている。
もう少しアクセスが良ければクライミングの対象になっているかも。

DSCN1525_20190115092205bce.jpg
登山道は急でところどころ岩場が現れます。
積雪が凍ったりすると下るには苦労するかも。チェーンアイゼンなどがあるといいですね。

DSCN1526.jpg
釈迦が岳山頂で。

DSCN1532.jpg
破風山の向こうにデーンと。

DSCN1534.jpg
南アルプスの山並み。
右が白根三山、左が荒川と明石、真ん中が塩見の辺りか?

DSCN1535_201901150922599f0.jpg
八ヶ岳と遥か彼方に北アルプス。

DSCN1538.jpg
奥秩父。雪がありません。

DSCN1541.jpg
日向坂峠のゲートは閉じられていた。

DSCN1545.jpg
黒岳への道。ゆったりした尾根に薄っすらと雪。
無風だが北斜面なので寒かった。

DSCN1546.jpg
黒岳山頂。ここは展望はないが200m南に行くと富士と河口湖が見えると看板があった。

DSCN1548_201901150923555dd.jpg
看板の通りバッチリとこの景色。

DSCN1559.jpg
新道峠。
このすぐ下まで舗装された林道が来ているので黒岳に登る人のほとんどはここからのようだ。
黒岳までは1.5時間だそうです。

DSCN1561.jpg
地形図にはここから真っ直ぐ下る道があるが見る限り見当たらない。
一人で突っ込むのも気が進まないので遠回りだけど林道を行くことにしました。

それなりに楽しかったけど富士山も飽きたし、登山道を歩くだけの山行も飽きてきました。
かと言ってこの時期雪山に行けるほど体力もないしな~
しかしすずらんが咲くころもう一度ここに来ようかな?

end
関連記事
[ 2019/01/15 09:03 ] 無雪期 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ucon

Author:ucon
団塊世代前の自称”昔の山男”です。仕事に追いまくられている間は山どころではなかったけど、定年を機に青春を懐かしんでまた登り始めました。これからドンドン友達を増やして、青春を取り戻そうと目論んでいます。・・が、2年前に変人(片腎(腎臓を1コ切除))になってしまいましたので、ガンガンは無理だよな~~・・分かってはいるけど・・おまけに性格も悪いしな~
PCアドレス
ucon3@mg.scn-net.ne.jp
携帯アドレス
ucon-no-higuma@ezweb.ne.jp

ようこそ”霧(kiri)”へ
ご訪問いただいた回数
また来てください。