FC2ブログ

”霧(kiri)”

自分で楽しんだ登山の記録を思い出しながらもう一度楽しんで書いています。 このブログを見ていただいた人に山や自然に興味をもっていただき、そして好きになって頂ければとてもうれしいです。 更にコメントをいただけるとなおうれしいです。コメントは山行名をクリックすると一番下に投稿欄が出ます。
”霧(kiri)” TOP > 積雪期 > 籠ノ登

籠ノ登

日程    :2019年2月21日
場所    :地蔵峠から東籠ノ登、西籠ノ登
メンバー  :みかん、ucon
天気    :曇り後晴れ無風
歩行距離 :11.45km
総登高距離:800m
コース&タイム
地蔵峠駐車場7:37→8:32リフト山頂駅→9:19池の平駐車場9:31→10:17東籠ノ登
→11:01西籠ノ登11:24→11:56東籠ノ登→12:34池の平駐車場12:41→12:54池の平
→13:25三方ケ峰→13:56見晴岳→14:57地蔵峠駐車場
190220 籠ノ登軌跡

記録
10年前に車坂峠から水ノ塔を通って東籠ノ登まで来たので今回は反対側の地蔵峠登ってみた。

01_20190222171343fe7.jpg
地蔵峠の広々とした駐車場は除雪されていて暖房の効いたトイレもある。

02_201902221714007ba.jpg
駐車場の横からスノーシューを履いて出発。
だけど真黒な雲が・・・

03_20190222171411aa2.jpg
道標に導かれて林の中の雪道に。

04_20190222171425b50.jpg
先ずは池の平方面に向かいます。

05_20190222171437427.jpg
ソノーシューはMSRのシフト。子供用で少し小さいけど軽くて快適です。
言ってみれば踏み抜きしないアイゼンのようなものです。

06_20190222171449a44.jpg
みかんさんも手袋とスノーシューの色を揃えてご機嫌。

07_201902221714598a9.jpg
右が東籠ノ登(2227m)、左が西籠ノ登(2212m) 両方とも頭は雲の中。

08_20190222171511f62.jpg

09_201902221715249e0.jpg
池の平駐車場が見えてきた。
地蔵峠と車坂峠を結ぶ林道が通っている。

10_201902221715363ce.jpg
風を避けて一休み。

11_20190222171550756.jpg
みかんさんは撮影に余念がない。

12_20190222171600ad7.jpg

13_20190222171611b04.jpg

14_20190222171625d88.jpg
東籠ノ登の山頂近くは石ころだらけ。

15_20190222171640de1.jpg
山頂です。

16_2019022217165144a.jpg

17_20190222171702a28.jpg
西籠ノ登へはこっちに行きます。

18_201902221717154f0.jpg
鞍部まで約標高差80mを下ります。

19_20190222171727ee0.jpg
鞍部

20_20190222171738156.jpg
西籠ノ登への登り。

21_20190222171804d0d.jpg
西籠ノ登山頂。

22_20190222171823feb.jpg

23_201902221718355ba.jpg
コーヒータイム。

24_20190222171849cc9.jpg
私も真似してコーヒータイム。
チタンのカップは焼いて色付けしました。渋いでしょ!

25_201902221719038a9.jpg
一旦鞍部に下りて東籠ノ登に登り返して戻ります。

26_20190222171915e8a.jpg

27_201902221719272be.jpg

28_20190222171938599.jpg

29_201902221719482e9.jpg
八ヶ岳かな?

30_20190222172003f31.jpg
黒班山。

31_20190222172014268.jpg
黒班山の上に浅間山(前掛山)の縞模様が見える。

32_20190222172022dbc.jpg
奥秩父の右側にうっすらと富士山も。

33_2019022217203583f.jpg

34_20190222172046b59.jpg

35_201902221720590e8.jpg
日が出て暖かくなってきました。

36_201902221721116e0.jpg
シェルは脱いでお気に入りのパタゴニアになりました。

37_20190222172130e15.jpg
池の平の湿原。
元は噴火口とのこと。

38_201902221721429f5.jpg
東籠ノ登の頭が見える。

39_201902221721549c8.jpg

40_2019022217221095e.jpg
三方ケ峰で。

41_20190222172222bf2.jpg

42_201902221722357d8.jpg

43_20190222172253f43.jpg
見晴岳への道。ここは池の平火口の縁の尾根です。

44_20190222172304a03.jpg

45_20190222172314860.jpg
見晴岳に到着。

46_20190222172328bee.jpg
疲れました、がポカポカと気持ち良い。

47_20190222172342c38.jpg
右の丸い頂が湯の丸山、左の尖ったのが烏帽子岳で名は体を現しています。

49_20190222172405777.jpg
そろそろ帰りましょう。

50_20190222172422b88.jpg
ゲレンデの横を通ります。
下手なスキーヤーが突っ込んできたらと思うと怖いです。

51_201902221724391db.jpg
林道。

52_20190222172511158.jpg
帰ってきました。

雪は多くもなく少なくも無く丁度よい感じで全部シフトで快適でした。

end


関連記事
[ 2019/02/22 11:16 ] 積雪期 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ucon

Author:ucon
団塊世代前の自称”昔の山男”です。仕事に追いまくられている間は山どころではなかったけど、定年を機に青春を懐かしんでまた登り始めました。これからドンドン友達を増やして、青春を取り戻そうと目論んでいます。・・が、2年前に変人(片腎(腎臓を1コ切除))になってしまいましたので、ガンガンは無理だよな~~・・分かってはいるけど・・おまけに性格も悪いしな~
PCアドレス
ucon3@mg.scn-net.ne.jp
携帯アドレス
ucon-no-higuma@ezweb.ne.jp

ようこそ”霧(kiri)”へ
ご訪問いただいた回数
また来てください。