FC2ブログ

”霧(kiri)”

自分で楽しんだ登山の記録を思い出しながらもう一度楽しんで書いています。 このブログを見ていただいた人に山や自然に興味をもっていただき、そして好きになって頂ければとてもうれしいです。 更にコメントをいただけるとなおうれしいです。コメントは山行名をクリックすると一番下に投稿欄が出ます。
”霧(kiri)” TOP > 積雪期 > 吾妻耶山

吾妻耶山

日程    :2019年2月25日
場所    :水上 吾妻耶山
メンバー  :ucon
天気    :晴れ(暖かい)
歩行距離 :5.53km
総登高距離:533m
ルート&タイム
仏岩ポケットパーク7:17→7:55赤谷越→8:01仏岩→10:08山頂10:33
→12:11赤谷越→12:32仏岩ポケットパーク
190225 吾妻耶山軌跡

記録

P2252471.jpg
仏岩ポケットパークの駐車場。
路面は乾いていた。でもウィークデーなので誰もいません。

P2252473.jpg
赤谷越に到着。
阿能川岳に向かう尾根には単独らしきトレースがあった。


P2252476.jpg
反対に吾妻耶山側には沢山の足跡がある。
昨日の日曜日は天気が良かったので仏岩見物や吾妻耶山への人のものか。

P2252477.jpg
仏岩。雪面からテッペンまで20m位か?
でも地震の一揺れで崩れ落ちそうだ。

P2252475.jpg
吾妻耶山がまじかに聳えて見える。

P2252479.jpg
稜線通しは通行止めで右の斜面をトラバース(道がある)します。

P2252480.jpg
「滑落注意」の看板は雪山用で無く夏道用だと思う。

P2252481.jpg
一旦尾根に戻るがまた尾根は通行止め。
湯宿温泉への道をしばらくトラバース。

P2252487.jpg
標高1180mくらいからは雪は少なくなっていました。
写真では平らだが実際はかなり急なので雪があると下りはチョット怖いかも?

P2252488.jpg
山頂の平らなところはもうすぐ。

P2252491.jpg
平坦な山頂の東の端が最高地点。
かなり大きめの石造りの祠が3つ並んでいた。

P2252494.jpg
お昼にしましょう。

P2252495.jpg
谷川連峰をバックに記念写真です。
バックは中央手前が阿能川岳でその向こうは俎嵓の岸壁で右の尖っているのがトマの耳。

P2252501.jpg
周りが白いので分かりにくいけど、これは雪の中にポッカリ開いた穴です。
山頂部分にはところどころ雪が融けている所がある。
この穴は風穴でこの時期では暖かく感じる風が吹き出ているらしい。

約半日の雪山でしたが山頂直下の尾根は急で下りは少し緊張しました。
今日は雪が少なく天気が良かったが条件が悪いと恐いかもしれません。
ただ木が多いので捕まるところは沢山あります。

end
関連記事
[ 2019/02/25 19:07 ] 積雪期 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ucon

Author:ucon
団塊世代前の自称”昔の山男”です。仕事に追いまくられている間は山どころではなかったけど、定年を機に青春を懐かしんでまた登り始めました。これからドンドン友達を増やして、青春を取り戻そうと目論んでいます。・・が、2年前に変人(片腎(腎臓を1コ切除))になってしまいましたので、ガンガンは無理だよな~~・・分かってはいるけど・・おまけに性格も悪いしな~
PCアドレス
ucon3@mg.scn-net.ne.jp
携帯アドレス
ucon-no-higuma@ezweb.ne.jp

ようこそ”霧(kiri)”へ
ご訪問いただいた回数
また来てください。