FC2ブログ

”霧(kiri)”

自分で楽しんだ登山の記録を思い出しながらもう一度楽しんで書いています。 このブログを見ていただいた人に山や自然に興味をもっていただき、そして好きになって頂ければとてもうれしいです。 更にコメントをいただけるとなおうれしいです。コメントは山行名をクリックすると一番下に投稿欄が出ます。
”霧(kiri)” TOP > 積雪期 > 雪上訓練

雪上訓練

日程    :2019年5月13日
場所    :富士山 宝永第1火口
メンバー  :みかん、ucon
天気    :晴れ後濃霧
歩行距離 :3.78km
総登高距離:207m
ルート&タイム
富士宮口五合目8:15→8:46新六合目→9:16宝永第1火口(雪上訓練)11:40
→12:08新六合目→12:26五合目
190513宝永山雪上訓練

記録
雪山シーヅンは終ってしまったが来シーズンは対象雪山を増やせるように
雪上技術を習得・訓練した。題して”森林限界を越えて” 
樹林帯のスノーシューからアイゼン&ピッケルの領域へ。

場所は一昨年は第3火口で雪中テント泊の体験をし第2火口でアイゼン&ピッケル登山技術
の訓練をしたが今回は時期的に五合目まで冬季閉鎖が解除されたので日帰りで火口側壁の
残雪で基本的な雪上技術の習得を行いました。

01_20190515073710a4e.jpg
駐車場は雪は無くガラガラ。
今日は7:30まで通行止めで私たちが一番乗りのはずなのに意外と
車があった。多分前夜から泊まっていたのだろう。

02_201905150737205fc.jpg
夏の登山口は閉鎖されているのでブル道から登り出す。

03_20190515073732a3c.jpg
新6合目。

04_20190515073742b94.jpg
宝永山がポコッと見える。

05_2019051507375344b.jpg
宝永第1火口、雪が少ない。
雪上訓練は出来るだろうか?心配。

06_20190515073805cee.jpg
雪の斜面をトラバースする。

07_20190515073815bed.jpg
第2火口を見下ろす。
目論見ではあの右側の斜面の残雪をあてにしていたのに~。

08_20190515073826af3.jpg
第1火口。
写真ではスケールが分からないが見える所まで標高差は約730mある。

09_20190515073837bed.jpg
宝永山の斜面と南向きの斜面は雪がないが東向きの斜面には
残っていた。良かった~ ではここでやろう。

10_2019051507384693e.jpg
あの上まで約200m。
小さな雪庇も見えるがこちらは今のところ落石や雪崩は無さそう。
(でも油断は禁物です)

訓練・習得した主な技術
雪の上を登山靴で歩く
・登りや平坦な雪面は着地する瞬間に親指内側あたりで蹴り込む。
・下りは踵でけり込む。
アイゼン歩行      
・全部の爪を使うよう足首を使う。
 (足首は内側には曲がるが外側には曲がらないことに留意)
ピッケルの使い方   
・基本は山側に刺してバランスを取る。
滑落停止        
・斜面で滑ったり転んだりしたら即座に滑落停止姿勢に入ること。よく訓練では少し滑ってから滑落停止姿勢になるが本番では倒れた
瞬間(滑り出す前やスピードが付く前)に動作に入るのが大事。
(私の見本演技は3回目でもうバテている!情けない!)

アンザイレン(ロープで繋がる)してコンテで歩行時仲間が転んだときの滑落防止行動
・転んだり滑った人は即座に「滑落!」と叫び自分は滑落停止姿勢に入る。
・他の人は全員即座に手に持ったロープのループにピッケルシャフトを入れ
 全体重を掛けて雪面に垂直に差し込みひたすら待つ。

雪山では急な雪面や場合によっては雪庇を懸垂で下らねばならない場合がある。
支点の作り方
・雪を掘って灌木などを探す。
・持っているものをシュリンゲでしばり雪の中に埋める。
 衣類などは袋状にして雪を詰めて埋めるとよい。
・比較的雪が固ければ直系2mくらいの溝を掘りロープを掛ける。
・ピッケルが2本あれば下記のような方法で支点にする。

11時ころ急に黒雲&濃霧が発生し視界がなくなり落石の監視が出来なく
なったので訓練を終了し現場を離れました。

11_20190515073855cde.jpg
帰りましょう。

12_20190515073904ef6.jpg
駐車場まで戻ってきました。お疲れさま。

あと書き
私は動画で紹介した技術を他人に伝えていますが自分で実際に山で使ったことはありません。
これからもを使わないで済むようにしたいものです。

END
関連記事
[ 2019/05/14 19:22 ] 積雪期 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ucon

Author:ucon
団塊世代前の自称”昔の山男”です。仕事に追いまくられている間は山どころではなかったけど、定年を機に青春を懐かしんでまた登り始めました。これからドンドン友達を増やして、青春を取り戻そうと目論んでいます。・・が、2年前に変人(片腎(腎臓を1コ切除))になってしまいましたので、ガンガンは無理だよな~~・・分かってはいるけど・・おまけに性格も悪いしな~
PCアドレス
ucon3@mg.scn-net.ne.jp
携帯アドレス
ucon-no-higuma@ezweb.ne.jp

ようこそ”霧(kiri)”へ
ご訪問いただいた回数
また来てください。