FC2ブログ

”霧(kiri)”

自分で楽しんだ登山の記録を思い出しながらもう一度楽しんで書いています。 このブログを見ていただいた人に山や自然に興味をもっていただき、そして好きになって頂ければとてもうれしいです。 更にコメントをいただけるとなおうれしいです。コメントは山行名をクリックすると一番下に投稿欄が出ます。
”霧(kiri)” TOP > 沢登り > シゲト沢

シゲト沢

日程    :2019年6月6日
場所    :日光 千手ケ浜
メンバー  :みかん、popo、ucon
天気    :晴れ
主な道具 :8mm30mロープ×2、沢靴、チェーンアイゼン、地形図&コンパス、GPS
        ココヘリ
歩行距離 :15.7km
総登高距離:718m
ルート&タイム
赤沼P⇒低公害バス⇒千手ケ浜9:21→12:25二俣→15:09稜線→15:29黒檜岳→17:38千手ケ浜
→(湖岸遊歩道)→18:58竜頭の滝バス停
190606 シゲト沢軌跡
赤沼と千手ケ浜を結ぶ低公害バスの最終に間に合わなかった(想定内)ので湖岸を
竜頭の滝バス停まで歩き湯本行きの最終路線バスで赤沼駐車場に戻った。

記録
日光のシゲト沢(シギト沢)にやってきました。

1_2019060817135759f.jpg
広々とした赤沼駐車場。(冬は閉鎖されます)

2_20190608171415df9.jpg
駐車場から出発する”低公害バス” ここから千手ケ浜まで約30分かけて行きます。

3_20190608171437970.jpg
ここは赤沼車庫というらしい。
平日、休日&季節、早朝と別れているので紛らわしいです。
今日(6月6日)はウィークデーだけど観光シーズンなので”土日祝日季節”になります。
ちなみに料金はどこで乗り降りしても1回300円。

5_20190608171452d57.jpg
小田原ケ原 雪のシーズンに何度かスノーシューで楽しんでいる。

6_20190608171505fbb.jpg
西ノ湖停留所。
一昨年ここから柳沢に行った。
その時は若い人もいて大勢でワイワイと楽しかったな~
今回は・・・・・・

7_201906081715190cd.jpg
千手ケ浜バス停、終点です。

8_2019060817154051e.jpg
シゲト沢はこっちかな?
この橋は外山川に架かっています。

9_20190608171554304.jpg
柳沢。

10_20190608171607d6d.jpg
早速クリンソウのお出迎え。

11_20190608174616f7f.jpg

12_201906081746312ac.jpg

13_20190608174642487.jpg

14_20190608174653302.jpg

15_20190608174707e34.jpg
ここは花と巨木の森。

16_20190608174718636.jpg

17_20190608174731911.jpg

18_20190608174745ac4.jpg

19_2019060817480081a.jpg

20_201906081748178d2.jpg

21_2019060817483181d.jpg
シゲト沢の堰堤だがこの辺りは伏流で水がない。

22_20190608174846c08.jpg
やっと水が出てきました。

23_20190608174902010.jpg
水の無い河原をトボトボ

24_201906081749158f4.jpg
水が次第に増えて沢らしくなってきました。

25_20190608174928c90.jpg

27_201906081750169d7.jpg
シロヤシオツツジが満開。

28_20190608175030037.jpg
これはミツバツツジ? ちょっと過ぎていました。

30_20190608175102e42.jpg

31_20190608175116bc4.jpg
なかなかいいぞ!

32_20190608175131d83.jpg

34_201906081752059e6.jpg
F1。  標高1480m

35_2019060817521942b.jpg
壺が深く、また大きな倒木が邪魔してヘツルこともできません。
(後から考えたらシュリンゲを倒木に巻いて掴まれば行けたかも?残念!)

36_2019060817523360c.jpg
右から小さく巻きます。

37_20190608175249eee.jpg

38_20190608175302d55.jpg
ちょっと下りが怖い??

小さな木にバランスをとるだけのシュリンゲを付けました。


39_20190608175316e9f.jpg
F2。

43_2019060817533490e.jpg
ここも滝に近付けません。
(胸くらいまで浸かればいいんだよ・・だけどまだ冷たい・・)



44_201906081753507bf.jpg
少しの間河原になります。

45_20190608175404bc9.jpg

46_20190609072740154.jpg
よい渓相です。

47_20190609072753d9b.jpg

48_20190609072805105.jpg

49_20190609072816f51.jpg
F3。

50_201906090728280ca.jpg
右から攻めようかな?

途中まで行ったけどシャワーになりそうなのでメゲてここも右から巻きました。

セカンドはアッセンダー(タイブロック)で、ラストは確保しました。

54_2019060907291849f.jpg
F4。   ここも巻きかな?

55_20190609072929a8c.jpg
躊躇なく右から行きま~す。



56_20190609072940652.jpg

57_20190609072951009.jpg

58_20190609073001639.jpg

59_2019060907301254c.jpg

60_20190609073022102.jpg

61_20190609073033f8c.jpg

62_20190609073047411.jpg
小滝の連続を快適に。

63_20190609073111b7c.jpg

64_20190609073122779.jpg

65_201906090731388c3.jpg

66_201906090731511ff.jpg
ヨッコラショ!

上から動画

67_201906090732032d3.jpg

68_2019060907321589c.jpg

69_20190609073231201.jpg

70_201906090732452b1.jpg
岩は固いし滑らないし、ガバガバで気持ちいいな~

72_201906090732564c1.jpg

73_20190609073320a2f.jpg

74_2019060907333765e.jpg
もうF・・・は分かりません。
標高1660m

75_201906090733554b4.jpg
左の枝沢との尾根が巻けそうだけど。

直登します。
セカンドはアッセンダーで上がり、ラストは確保しました。

77_2019060907343108a.jpg

78_2019060907344316e.jpg
右へヘツろうと思ったけど・・・

ついつい左に追い上げられてしまいました。かなり苦労しました。

79_2019060907345607f.jpg
後続は確保して右からきました。



80_201906090735109f2.jpg

81_201906090735251c6.jpg
チョックストーンの滝

83_20190609073550048.jpg
直登します。

84_20190609073607269.jpg
足が上がらないー

82_2019060907353856b.jpg
左はこんな感じ

足が届かない私を見ていた後続は左から小さく巻きました

85_201906090736218c5.jpg

86_20190609073632dfb.jpg

87_2019060907364497a.jpg
ガラガラになってきました。

88_20190609073656fc3.jpg

89_2019060907370867d.jpg
とにかく登らなくっちゃ。

90_20190609073721480.jpg

91_20190609073736ec9.jpg

92_201906090737529c4.jpg

93_20190609073811b28.jpg

94_20190609073822c32.jpg

95_20190609073834ec1.jpg
稜線は近いぞ!

96_20190609073845754.jpg

97_201906090738571d4.jpg

98_20190609073911486.jpg
ヘロヘロ

99_20190609073923d42.jpg

100_201906090739392db.jpg
やっと稜線に出ました。
もう15時過ぎ、低公害バスの最終(16:30)には間に合いません。

101_20190609073954cad.jpg
期待していた道はなく僅かな踏み跡が細々と。
とにかく一休み。

102_201906090740081b9.jpg
シャクナゲが慰めてくれます。

104_20190609074038d15.jpg
少し登って黒檜岳に出ると無人雨量計がありました。

103_201906090740238e8.jpg

105_201906090740492c1.jpg
記念写真を1枚。

106_20190609074101542.jpg
サッサと下りましょ。

107_20190609074113155.jpg
どうせバスには間に合わないのでノンビリと花の写真を撮ります。

108_20190609074124f65.jpg

109_20190609074136838.jpg

110_201906090741474bc.jpg
花々の競演を楽しみながら下りましょう。

111_201906090741593cf.jpg

112_2019060907421033e.jpg

113_20190609074222941.jpg

114_20190609074243443.jpg

115_2019060907425600f.jpg

116_2019060907430611e.jpg

117_2019060907431808b.jpg

118_20190609074330bca.jpg

119_20190609074340df0.jpg

120_20190609074356d01.jpg

121_20190609074427bc9.jpg

122_201906090744422f6.jpg
中禅寺湖畔に下りてきました。

123.jpg
男体山。

124.jpg
千手堂。

125.jpg

126.jpg
真っ新です。

127.jpg

128.jpg

129.jpg

130.jpg

131.jpg

132.jpg

133.jpg
クリンソウの群落

134.jpg

135.jpg

136.jpg

137.jpg

139.jpg
外山川の吊り橋。

140.jpg
もう時間は17:40を回っている。
最終バスは約1時間以上前に出てしまいこの辺りに人影はない。
竜頭の滝まで湖畔を歩きましょ!

141.jpg

142.jpg

143.jpg
遊覧船の桟橋。
船で菖蒲ケ浜まで行く手もあるが最終便はかなり前です。

144.jpg

145.jpg

146.jpg

147.jpg

148.jpg
湖畔の道。

149.jpg

150.jpg
夕日に照らされて妖艶に咲き誇るヤマツツジ。

151.jpg

152.jpg

153.jpg

154.jpg

155.jpg

156.jpg

157.jpg
赤岩の辺りは登り下りがあって疲れた体に堪えます。

158.jpg

この間写真はありませんが竜頭の滝バス停にやっと辿りついたら幸運にも最終の
湯本行き路線バス(7:06)に間に合いました。助かった~!  
二停留所分で220円/一人です。

160.jpg
バスで赤沼駐車場に戻ってきました。
夕闇せまる駐車場にポツンと一台私たちの車。

今回はほとんど知られていない沢で人の痕跡(ハーケンや巻きのフィックスロープ
どころか踏み跡すらありません。
花と巨木、ハル蝉の声と清廉な沢の旅でした。

END
関連記事
[ 2019/06/07 07:50 ] 沢登り | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ucon

Author:ucon
団塊世代前の自称”昔の山男”です。仕事に追いまくられている間は山どころではなかったけど、定年を機に青春を懐かしんでまた登り始めました。これからドンドン友達を増やして、青春を取り戻そうと目論んでいます。・・が、2年前に変人(片腎(腎臓を1コ切除))になってしまいましたので、ガンガンは無理だよな~~・・分かってはいるけど・・おまけに性格も悪いしな~
PCアドレス
ucon3@mg.scn-net.ne.jp
携帯アドレス
ucon-no-higuma@ezweb.ne.jp

ようこそ”霧(kiri)”へ
ご訪問いただいた回数
また来てください。