FC2ブログ

”霧(kiri)”

自分で楽しんだ登山の記録を思い出しながらもう一度楽しんで書いています。 このブログを見ていただいた人に山や自然に興味をもっていただき、そして好きになって頂ければとてもうれしいです。 更にコメントをいただけるとなおうれしいです。コメントは山行名をクリックすると一番下に投稿欄が出ます。
”霧(kiri)” TOP > ハイキング > 入笠山

入笠山

日程    :2019年6月25日
場所    :入笠山
メンバー  :みかん、ucon
天気    :晴れ
歩行距離 :15.73km
総登高距離:727m
ルート&タイム
沢入P6:32→7:32入笠湿原→7:50ロープウェー山頂駅→8:30入笠湿原→9:40入笠山10:05
→10:40大阿原湿原→11:40小黒川林道→12:15入笠牧場→13:16入笠湿原→13:59沢入P
190625 入笠山軌跡

記録
日光のシゲト沢でクリンソウを知り、三つ峠でアツモリソウを見たからなのかちょっと
興味を持っていたら入笠山に今両方咲いていることを知って急に行ってみたくなり
みかんさんに声を掛けたらOKとのことで今回も柄にもなく花ハイキングしてきました。

001.jpg
沢入P
花の時期なので6:30でも一杯かと思ってきたが先行者は車中泊していた1台でした。

002.jpg
登山口。

003.jpg
約1時間歩いたところに鹿柵がありました。

004.jpg
入笠湿原。鹿をシャットアウトしているので緑一色です。

005.jpg
こちらはロープウェーの山頂駅への斜面です。

006.jpg
ロープウェー駅方向に向かうと今度は鹿柵のゲートを出ます。

007.jpg
ロープウェー山頂駅。

008.jpg
八ヶ岳連峰。
下の町は富士見町?
四角い緑の広場は冬はスキーゲレンデになるようです。ちなみに緑はスズランです。

009.jpg
駅の近くにアツモリソウがあると言うので見に行きます。

010.jpg
ありました。株の周りは雑草を刈り取って敷き藁で保護されています。

011.jpg
その側にキバナアツモリソウがありました。
花の形はアツモリソウにそっくりですが大分小ぶりです。

012.jpg
振り返ると甲斐駒が聳えたっていました。

013.jpg
富士山も。

014.jpg
入笠湿原にもどると沢山のクリンソウがありました。

015.jpg
山彦荘。この近くにもアツモリソウとキバナアツモリソウがあるとのことだが帰りに寄る
ことにします。

016.jpg
入笠山への斜面。
赤いのはレンゲツツジです。

017.jpg
沢入りからここまで舗装された林道がありますが通行止め。
シッカリと番人もいらっしゃいました。

018.jpg
昔、冬に来たときは雪の斜面だった。

019.jpg
花が沢山あって写真を撮るのに余念がありません。
(このブログにも使わせてもらって居ます。ありがとう)

020.jpg
入笠山山頂に到着しました。

021.jpg
雲が多いけどキタアルプス槍穂の稜線。

022.jpg
こっちは中央アルプス。

023.jpg
諏訪湖と美ケ原。

024.jpg
これは乗鞍?

025.jpg
左は鋸岳と甲斐駒。右は間ノ岳と仙丈岳。

026.jpg

027.jpg

029.jpg
入笠山から下りて大阿原湿原に向かいます。

030.jpg
サルオガセが沢山ぶら下がっていました。

031.jpg
暑いよ~

032.jpg
ここから湿原の右岸道に入ります。

033.jpg
地図には道があるが実際は無かった。

034.jpg
湿原には沢山のクリンソウの株がありました。
これから咲くようです。

035.jpg
ヤブコギ?

036.jpg
広々とした湿原だけどもう乾いた草原?のようだった。

037.jpg
湿原の最下流でここからテイ沢になります。

038.jpg

039.jpg
林道にでました。
左に行くと戸台や高遠方面、右に行くと入笠牧場を通って入笠湿原に戻れます。
右に行きます。

040.jpg

042.jpg
牧場には柵を開けて入ります。

043.jpg
放牧している牛は雄なので気が荒いとか?手を出さないように。

044.jpg

045.jpg
右上に神社?あるのかな?

046.jpg
観音様だ。

047.jpg
なんとご神体は蛇??

048.jpg
牧場から見えるのは御嶽?

049.jpg
マナスル荘に戻ってきました。

051.jpg
山彦荘前にあったアツモリソウ。

050.jpg
こちらはキバナアツモリソウ。

052.jpg
キバナアツモリソウの袋の中に蜂?が入っていた。



053.jpg
沢入Pに戻ったら車が増えていました。

花々
054.jpg

055.jpg

056.jpg

057.jpg

058.jpg

059.jpg

062.jpg

060.jpg

061.jpg

063.jpg

064.jpg

065.jpg

066.jpg

067.jpg

068.jpg

078.jpg

070.jpg

071.jpg

072.jpg

073.jpg

074.jpg

075.jpg

076.jpg

077.jpg

079.jpg

080.jpg

081.jpg

082.jpg

083.jpg

084.jpg

085.jpg

086.jpg

087.jpg

088.jpg

090.jpg

091.jpg

092.jpg

093.jpg

094.jpg

095.jpg

096.jpg

099.jpg

アツモリソウやキバナアツモリソウなどは人工的に植栽管理したものでしたが
クリンソウは湿原や沢筋、あるいは林道の脇にもいたるところにあって驚きました。
クリンソウは湿って日当たりのよい草地が好きらしいです。
まあこれだけあると牧草地では雑草なのでしょうね、有毒らしいし。

そして今悩んでいるのがアツモリソウの花の形です。
なぜあのような形になったのか?
食虫植物のウツボカズラにそっくりなのです。
あの花は食虫の期間なのだろうか?
それにしては花の期間は短いし花から養分を吸収できるのか?
どなたかご存知でしたらコメントで教えてください。

end
関連記事
[ 2019/06/26 12:19 ] ハイキング | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ucon

Author:ucon
団塊世代前の自称”昔の山男”です。仕事に追いまくられている間は山どころではなかったけど、定年を機に青春を懐かしんでまた登り始めました。これからドンドン友達を増やして、青春を取り戻そうと目論んでいます。・・が、2年前に変人(片腎(腎臓を1コ切除))になってしまいましたので、ガンガンは無理だよな~~・・分かってはいるけど・・おまけに性格も悪いしな~
PCアドレス
ucon3@mg.scn-net.ne.jp
携帯アドレス
ucon-no-higuma@ezweb.ne.jp

ようこそ”霧(kiri)”へ
ご訪問いただいた回数
また来てください。