FC2ブログ

”霧(kiri)”

自分で楽しんだ登山の記録を思い出しながらもう一度楽しんで書いています。 このブログを見ていただいた人に山や自然に興味をもっていただき、そして好きになって頂ければとてもうれしいです。 更にコメントをいただけるとなおうれしいです。コメントは山行名をクリックすると一番下に投稿欄が出ます。
”霧(kiri)” TOP > 無雪期 > 富士山

富士山

日程    :2019年8月31~9月1日
場所    :富士山 須山口登山道、富士宮口登山道
メンバー  :ucon
天気    :晴れ
総歩行距離:20.9km
総登高距離:2439m(地形図上の計算では2265mなのだが?)
ルート&タイム
水ケ塚P4:20→6:29御殿庭下→7:22御殿庭上→8:10第1火口分岐→8:21新六合目8:39
→10:46七合目→11:44八合目→13:58宮山頂14:04→15:38七合目→16:32新六合目
→16:42第1火口分岐→17:16御殿庭上→17:47御殿庭下→19:35水ケ塚P
190901 富士山軌跡

記録
今シーズン2回目の富士山。
今回は趣向を変えて水が塚Pから山頂まで歩いてみることにした。
途中でギブアップしたら小屋に宿泊する積りで1万円を準備しました。
(バックアップに小屋利用を考えるなら夏山シーズン(7:/10~9/10)の今しかない)

P9010001.jpg
31日19時ころ到着したが今回は有料(1000円/台)の駐車場へは入らず登山口傍の
道路脇スペースに停め車中泊しました。
長丁場なので3時に出発の積りだったが寝過ごして4時に起床し出発は4:20になって
しまった。

P9010002.jpg
一合五勺の幕岩分岐についてようやく明るくなり始めた。

P9010005.jpg
倒木帯ですっかり夜が明け爽やかなお花畑が迎えてくれた。

余談:この辺りで男性1人追いついて来たので今の時期何処へと思ったので
「どちらへ?」と聞くと宝永山と答え、今度は向こうから「どちらへ?」と聞かれ
「山頂」と答えたら一瞬「うッ」と声が詰まり、すかさず「小屋に泊まります」と答
えたら「なるほど」と納得してくれた。
もちろん私もこのときは小屋に泊まる積りでウキウキしていたのです。

P9010007.jpg
第3火口底はここから右に下りる。
この辺りは積雪期の雪中泊や雪上訓練のBCに最適です。

P9010008.jpg
朝の宝永山。

P9010012.jpg
富士宮口山頂(通称:宮山頂)で自撮り。
剣ケ峰に向かうには往復1時間弱かかるので今回はここまで。

P9010014.jpg
下山途中の夕方の宝永山

余談:新六合目まで下りてきて当初は小屋に泊まるかあわよくばバスで水ケ塚P
に戻るかと考えていたが調子も良いしこのままヘッデンつければ危ないところも
ないので「エイッ 行ってしまえ」とそのまま下山することにしました。

おまけ
夕闇迫るころ倒木帯のお花畑に下りてきたら夕闇の中の花たち(と言っても2種類)が
「撮ってくれ~」とアピールしていました。
P9010020.jpg

P9010022.jpg

余談:標高1800m辺りでとっぷりと日が暮れました。
ここから標高1500m付近までの距離約1500mは傾斜が緩やかで
登山道は踏み跡程度になります。
これを見失うとちょっと困るので明るいヘッドランプとGPSが必要です。

END
関連記事
[ 2019/09/02 13:16 ] 無雪期 | TB(0) | CM(4)
下山時
コメント、ありがとうございます。おっしゃる通りですね。
日没の時間も早くなっていますので、時間を決めて、山頂には行きつかなくても、下山しようと思います。
今年、初なので、8合目でも9合目でも行かれればいいと思っています。
[ 2019/09/08 19:51 ] [ 編集 ]
たまたま?です。
最初から日帰りの積りでは無かったのです。
行けるとこまででダメなら小屋に泊まろうと思って歩いていたら
ヘッデンで帰れそうだとなっただけです。
でも須山登山口登山道の下部の樹林帯は暗くなると怖いです。
オバケではなく道を外れる可能性があるのでご注意ください。
[ 2019/09/03 21:54 ] [ 編集 ]
いい計画ですね。
uconさん、素晴らしいですね。
私は、高度に順応しにくく、いつも眠くなってしまったり、手がしびれてしまって、その年の初回に山頂に届いたことがありません。
uconさんのこの計画なら、高度順応がしやすいかもしれませんね。
9月に行くので、このルートでやってみようかなと思います。
山頂には届かないかもしれませんが。
いい計画を、ありがとうございました。
[ 2019/09/03 20:46 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2019/09/02 17:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ucon

Author:ucon
団塊世代前の自称”昔の山男”です。仕事に追いまくられている間は山どころではなかったけど、定年を機に青春を懐かしんでまた登り始めました。これからドンドン友達を増やして、青春を取り戻そうと目論んでいます。・・が、2年前に変人(片腎(腎臓を1コ切除))になってしまいましたので、ガンガンは無理だよな~~・・分かってはいるけど・・おまけに性格も悪いしな~
PCアドレス
ucon3@mg.scn-net.ne.jp
携帯アドレス
ucon-no-higuma@ezweb.ne.jp

ようこそ”霧(kiri)”へ
ご訪問いただいた回数
また来てください。