FC2ブログ

”霧(kiri)”

自分で楽しんだ登山の記録を思い出しながらもう一度楽しんで書いています。 このブログを見ていただいた人に山や自然に興味をもっていただき、そして好きになって頂ければとてもうれしいです。 更にコメントをいただけるとなおうれしいです。コメントは山行名をクリックすると一番下に投稿欄が出ます。
”霧(kiri)” TOP > 無雪期 > 爺が岳

爺が岳

日程    :2019年9月26日
場所    :北アルプス 爺が岳
メンバー  :ucon
天気    :快晴
歩行距離 :14.2km
総登高距離:1428m
ルート&タイム
扇沢出合P5:00→7:56水平道→9:06種池小屋9:15→10:11南峰→10:35爺が岳(中央峰)10:55
→11:45小屋11:55→14:35P
190926 爺が岳軌跡

記録
扇沢から爺ケ滝をピストンしました。
本当は針ノ木からスバリや赤沢、鳴沢など関電トンネルの上の稜線を縦走したかったが
途中の新越山荘が3日前に閉めてしまったので歩き通す自信が無くダメなら引き返せる
ピストンにしました。(悔しいな~(´;ω;`))

P9260080.jpg
扇沢出合の駐車場をヘッドランプを付け出発してやっと蓮華岳に日が指した。

P9260077.jpg
足元には鮮やかなリンドウ。

P9260083.jpg
真ん中が針ノ木岳。

P9260086.jpg
種池小屋が見えます。

P9260087.jpg
山腹を緩やかに巻きながら登ります。

P9260088.jpg

P9260089.jpg
快晴だ~

P9260091.jpg
水を期待したけどありません。

P9260093.jpg
アザミのブッシュ。この中は歩きたくないです。

P9260096.jpg
種池小屋に到着。

P9260097.jpg
小屋から見る爺ケ岳。右が南峰で左が中央峰。
高さは中央峰の方が3m高い。

P9260101.jpg
振り返ると小屋と立山・剣が見えました。

P9260102.jpg

P9260103.jpg
南峰に到着して自撮り。

P9260104.jpg
安曇野を見下ろす。

P9260105.jpg

P9260106.jpg
手前は南峰に突き上げる尾根で積雪期の登路に使われる。

P9260107.jpg
鹿島槍の双耳峰。
手前の樹林帯に冷池小屋が見えます。
多くの人は冷池小屋まで足を延ばして泊り、翌朝早く鹿島槍に登ってピストンするらしい。

P9260108.jpg
中央峰山頂。

山頂でじゃべりながら動画を撮りました。

P9260113.jpg


P9260114.jpg
さあ帰りましょう。

P9260115.jpg
紅葉が始まっている。

P9260118.jpg
長い?柏原新道を下って駐車場に戻ってきました。
大町温泉郷の薬師の湯で一風呂浴びて帰りましょう。

(今回感じたこと)
24,25日に蓮華&針ノ木、そして26日の今日爺ケ岳をジックリジックリ歩いてきました。
いま思うのは「今回は老若男女全員に追い抜かれ、一人も追い越していません。
”全ての人に先を譲る検挙な気持ち”は人としてとてもよく出来ていると思うけど、一人の
登山者としてみると情けなくも不甲斐ない。
自分の力をマザマザと見せつけられた山行でした。
針ノ木小屋で泊まったとき「人は何故一人で山に登るのか?」が話題になり、私は「仲間の
方が面倒くさがって付き合ってくれない・・」と答えたが実際には私の山行の半分は仲間が
付き合ってくれています。
こんな無力で面倒くさい私の後ろを何百枚もの写真を撮りながらも嫌な顔を見せずジックリ
ジックリ歩いて付き合ってくれる仲間って本当に優しいんだな~と改めて思いました。
ありがとう、これからも宜しくお願いします。
・・・と感謝の気持ちを実感できた山行でした。

END
関連記事
[ 2019/09/28 10:36 ] 無雪期 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ucon

Author:ucon
団塊世代前の自称”昔の山男”です。仕事に追いまくられている間は山どころではなかったけど、定年を機に青春を懐かしんでまた登り始めました。これからドンドン友達を増やして、青春を取り戻そうと目論んでいます。・・が、2年前に変人(片腎(腎臓を1コ切除))になってしまいましたので、ガンガンは無理だよな~~・・分かってはいるけど・・おまけに性格も悪いしな~
PCアドレス
ucon3@mg.scn-net.ne.jp
携帯アドレス
ucon-no-higuma@ezweb.ne.jp

ようこそ”霧(kiri)”へ
ご訪問いただいた回数
また来てください。