FC2ブログ

”霧(kiri)”

自分で楽しんだ登山の記録を思い出しながらもう一度楽しんで書いています。 このブログを見ていただいた人に山や自然に興味をもっていただき、そして好きになって頂ければとてもうれしいです。 更にコメントをいただけるとなおうれしいです。コメントは山行名をクリックすると一番下に投稿欄が出ます。
”霧(kiri)” TOP > ハイキング > 両神山(西上州岩稜の旅)

両神山(西上州岩稜の旅)

日程   :2012年6月26日
メンバー :単独
コース&タイム:上落合橋10:55→11:50八丁峠→12:50西岳→13:45東岳→14:20両神山14:25→14:40分岐→(金山沢右岸登山道)→15:50上落合橋
s両神山
登りは八丁峠から、下りは山頂から直接金山沢右岸の作業道を上落合橋に下りました。

記録   :
sP1110187.jpg
八丁峠。下の方は霧が消えていたがこのあたりはまだ霧の中。
sP1110189.jpg
お約束、咲き残りの山ツツジです。
sP1110190.jpg
目が洗われるような新緑です。
sP1110191.jpg
鎖場が出てきました。東岳まで小さなピークは連なり、岩稜を登ったり下ったり・・・でも鎖が整備されているので安心です。面白いけど疲れます。
sP1110192.jpg
アレッ!。こんな峠あったのかな?稜線を越える道も見当たりません。
sP1110193.jpg

sP1110194.jpg
西岳。
sP1110195.jpg
こんなキレットもあります。上から下を見たところです。
sP1110196.jpg
東岳。途中2箇所くらい鎖場はありますがここからは山頂まで起伏が緩やかな尾根道です。
sP1110197.jpg
上落合橋に直接下る道の入り口です。・・・あれ!両神山頂の写真がない?・・・忘れた!
sP1110198.jpg
この道は八丁峠に戻るよりも半分以下の時間で下れます。が、古い作業道なので整備はされていません。
sP1110199.jpg
概ねこんな感じです。
sP1110200.jpg
小沢を数回渡ります。急峻なのでかなり怖いです。
sP1110202.jpg
両神山を北側から見るとこんな凄いところでした。

関連記事
[ 2012/06/27 15:17 ] ハイキング | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

まとめtyaiました【両神山(西上州岩稜の旅)】
日程   :2012年6月2日メンバー :単独コース&タイム:上落合橋10:55→11:50八丁峠→12:50西岳→13:45東岳→14:20両神山14:25→14:40分岐→(金山沢右岸登山道)→15:50上落合橋登りは八丁峠
[2012/06/29 01:23] まとめwoネタ速neo
プロフィール

ucon

Author:ucon
団塊世代前の自称”昔の山男”です。仕事に追いまくられている間は山どころではなかったけど、定年を機に青春を懐かしんでまた登り始めました。これからドンドン友達を増やして、青春を取り戻そうと目論んでいます。・・が、2年前に変人(片腎(腎臓を1コ切除))になってしまいましたので、ガンガンは無理だよな~~・・分かってはいるけど・・おまけに性格も悪いしな~
PCアドレス
ucon3@mg.scn-net.ne.jp
携帯アドレス
ucon-no-higuma@ezweb.ne.jp

ようこそ”霧(kiri)”へ
ご訪問いただいた回数
また来てください。