FC2ブログ

”霧(kiri)”

自分で楽しんだ登山の記録を思い出しながらもう一度楽しんで書いています。 このブログを見ていただいた人に山や自然に興味をもっていただき、そして好きになって頂ければとてもうれしいです。 更にコメントをいただけるとなおうれしいです。コメントは山行名をクリックすると一番下に投稿欄が出ます。
”霧(kiri)” TOP > 無雪期 > 富士山

富士山

日程   :2012年7月5日
場所   :富士山 富士宮口
メンバー :ゆりさん、sakoさん、清水
コース&タイム:五合目8:15→9:356合5勺→10:207合目→11:108合目→11:409合目→12:309合5勺→13:20馬の背→13:30剣が峰14:40→15:009合5勺→16:107合目→17:105合目P
今回は基本的にブルドーザー道を使用した。但しのぼりの7~9.5合までは登山道を通った。
yuri120705富士山
夏の富士山の登山口:夏季の富士山には4つの登山口がある。
 ①富士吉田口:スバルラインで五合目まで上がる最も登山者が多い道。途中には沢山の小屋があります。標高差1400m
 ②須走口:八合目で富士吉田口に合流します。登山口付近は標高1960mでまだ樹林の中です。林の中や草原など変化に富んでいます。駐車場はありますが最盛期にはあふれて延々と道路わきに停めることもあります。標高差で200m分くらい多くなってしまうことも。標高差は1700m
 ③御殿場口:標高1440m付近から上り始める一番長い登山口です。上り始めは宝永山の噴火でできた砂漠のような砂原を延々と歩きます。駐車場は広いですが長いので利用者は少ないです。標高差2300m
 ④富士宮口:標高2400mまで車で上がれる一番短い登山口で最高点の剣が峰も近いです。標高差1300m
自家用車利用の場合は夏も冬も規制があるので事前によく調べないと思わぬ誤算をします。

記録   :今年は富士山ブームに引かれた家族を案内しなければならない人で高所順応に出掛ける。今回は趣向を変えてブル道メインで歩いてみた。
安定した傾斜でジグザグに登るブル道は歩きやすく安全で早い道であった。でもこれは登山か?

縮小P1110277
2週間前はまだ冬の姿だった唐松の新緑。はるかかなたに山頂が見える。
縮小12.07.05富士山 016
ジグザクと登って行く。山頂までこんな感じです。快適だけど・・・単調です。
縮小P1110279
標高2600m位の角にお中道への標識がポツンと立っていました。
富士山の2500m前後の高さをグルッと一周する登山道があります。これを御中道といいます。丁度植物限界の辺りで場所に沢あり、砂漠あり、時にはお花畑もある楽しい道です。但し現在は西側の大沢崩れで途切れていたり、通る人も無いので踏み跡が消えているところもあり、霧が出ると方向を見失うので安易に入らない方がいいです。
縮小12.07.05富士山 005
六合目から見た愛鷹山。
縮小12.07.05富士山 108
七合目から見た宝永山。宝永山は標高2693m、高度計を持っていないときは高さの目安になります。
「富士山はただの砂山で一度登れば沢山だ」と良く言われるが私はこの宝永山辺りはダイナミックで好きです。
夕日に黒い砂と赤い山肌が輝くときや、パイオニアグラス(荒地に最初に進出する草)を先頭にまるで這い松のような唐松が山頂目指して這い登る様、その下に良く見ると小さな花もあります。秋になると這い松が一瞬金色に輝きます。こんな富士山が大好きです。
縮小P1110280
7合目から上には沢山の雪が残っている。
縮小P1110286
8合目。「フラフラで眠い・・・・」とゆりこ節がなりを潜めてしまった。無口なゆりさんを初めて見ました。静かでいいかも。
縮小P1110283
sakoさんは「暑い暑い、脱いじゃお!」とすこぶる元気。
あとで聞いたら先月ペルーの4000mで昼寝をしたと言っていたからそれがまだ効いているらしい。
ちなみに清水も2ヶ月前(GW)にヒマラヤの4200mにいたけど、今回は少し頭痛があった。
高度順応の効果はせいぜい1~2ヶ月か。
縮小P1110287
「えーと、何を食べよかな!」ガサゴソガサゴソ
縮小P1110288
9合半の小屋からブル道に入ると剣が峰が見えてきた。近いようで遠い道です。
縮小P1110291
なんとかたどり着いた馬の背。
縮小12.07.05富士山 029
3776mの山頂。もっと人が多いかなと思ったが全然いない。
余談だが山頂で出会った韓国人に「アーユージャパニーズ?」と聞かれ思わず「オーイェス」と答えてしまった。
でも・・なにか変。ここは日本で私は日本人?どうして聞かれたのだろう???
縮小12.07.05富士山 031
剣が峰から富士宮口山頂(通称”宮山頂”と言います)を見たところ。
火口内には沢山の雪が残っています。
縮小12.07.05富士山 091
雪渓を横切るブル道。この赤い土が朝日に照らされると真っ赤になって赤富士になるのです。葛飾北斎・・だっけ?
縮小P1110300
まだこんな厚さの雪が残っている。この調子だと数年後には富士山にも氷河ができるかも。期待しています。
が、氷河が先きか?噴火が先きか?
登りに引きかえて元気になったゆりさんは駆けている。高山病の特効薬は下山することだと実感しました。
縮小P1110304
なにが嬉しいのか?sakoさんもニコニコ駆けている。

砂礫ばかりだと思っていけど、よく見るとちゃんと花もあったのですね。(何れもゆりさん撮影)
縮小12.07.05富士山 119
フジハタザオのツボミ
縮小12.07.05富士山 132
  オンタデ
縮小12.07.05富士山 164
  フジハタザオ

高度順応は皆無事に終了しました。10日以内なら次回は口笛を吹きながら登れることでしょう。
子供や初心者を案内するときは事前に1回登っておくと当日たくましく頼りがいあるリーダーになれます。

ブル道は基本的に通行禁止です。でも勾配が一定していて石や岩や階段もなく道幅も広いので高山病でフラフラになった人でも安心して歩けます。また下りは砂利や砂がクッションになって足への負担を軽減してくれます。
今回は剣が峰から五合目までブラブラ休まずに歩いて2時間半でした。
念のためにもう一度書きますが基本的に立ち入り禁止です。

関連記事
[ 2012/07/05 22:30 ] 無雪期 | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

まとめtyaiました【富士山】
日程   :2012年7月5日場所   :富士山 富士宮口メンバー :ゆりさん、sakoさん、清水コース&タイム:五合目8:15→9:356合5勺→10:207合目→11:108合目→11:409合目→12:309合5
[2012/07/07 00:03] まとめwoネタ速neo
プロフィール

ucon

Author:ucon
団塊世代前の自称”昔の山男”です。仕事に追いまくられている間は山どころではなかったけど、定年を機に青春を懐かしんでまた登り始めました。これからドンドン友達を増やして、青春を取り戻そうと目論んでいます。・・が、2年前に変人(片腎(腎臓を1コ切除))になってしまいましたので、ガンガンは無理だよな~~・・分かってはいるけど・・おまけに性格も悪いしな~
PCアドレス
ucon3@mg.scn-net.ne.jp
携帯アドレス
ucon-no-higuma@ezweb.ne.jp

ようこそ”霧(kiri)”へ
ご訪問いただいた回数
また来てください。