FC2ブログ

”霧(kiri)”

自分で楽しんだ登山の記録を思い出しながらもう一度楽しんで書いています。 このブログを見ていただいた人に山や自然に興味をもっていただき、そして好きになって頂ければとてもうれしいです。 更にコメントをいただけるとなおうれしいです。コメントは山行名をクリックすると一番下に投稿欄が出ます。
”霧(kiri)” TOP > 沢登り > 下棚沢(丹沢中川川)

下棚沢(丹沢中川川)

日程   :2012年7月22日
場所   :下棚沢(丹沢中川川西沢)
メンバー :みかんさん、郁子さん、yamaya(私)
天気   :曇り時々雨
コース&タイム:西丹沢自然教室5:45→6:30出合→6:55F1上→11:35三俣→12:05畔ヶ丸12:20→12:55善六のタワ→13:40下棚沢出合→14:20西丹沢自然教室
下棚沢
記録   :どういう訳か中川川の西沢と東沢には入渓したことがない。一昨年の秋に東沢の本棚沢に入り本棚(東沢の本棚)50mを登った。硬く乾いた岩壁状で気持ちの良い登攀ができた。
(西沢と東沢にはそれぞれ本棚沢があり、また両方に垂直50mの大滝があって名前も本棚でややこしい)
さて西沢だが今年の春に下棚(シモンタナ)と本棚(西沢の本棚)を見たのが始まりで今回下棚沢に入ってみた。結果は予想をはるかに上回る美しく楽しい沢だった。大きな理由は花崗岩で明るくフリクションがバッチリ効き、山頂直下までそれが続いていて、そして入渓まで1時間、抜けてからの下りが2時間とアプローチが短いことだと思う。
IMGP0520.jpg今日は何だか車が多い。駐車場の脇にテントが4張りもあり仮眠している人もいた。
P1110478.jpg
畔ヶ丸方面に向かう中川川の吊り橋から見た西沢、白石沢(中川川本流)と東沢の合流点。
DSC00090.jpg
F2.  立派な滝壺を持っている。右側にハーケンもあるらしいがちょっと・・・
(今回は最初からF1は巻くということで出合からすぐに左岸尾根に付けられた踏み跡(入り口に通せんぼのロープあり)を辿り50mくらい上がって左に付けられた踏み跡からF1の上にでた。
この踏み跡はF1の落ち口上なので足を滑らすとF1の下まで50mまっさかさまなので怖かった。本来なら万一を考慮して面倒がらずにロープを出した方がよい。
IMGP0529.jpg
F1落ち口への下り。ヘリメットが半分しか写っていないが黄色が私、赤は郁子さん。
「郁子さん、いつも言ってるでしょう”あまり近づかないで”って。落ちるときはオイラに掴まらずに一人でお願いしますね」
IMGP0530.jpg
F1を上から見下ろすとこうなります。よく見ると滝の左側にルンゼが見える。あそこから小さく巻いても面白いかも。
IMGP0533.jpg
ということで?F2も左からサッサと巻く。でもここも足を滑らせるとF1下までまっさかさまだから慎重に。
DSC00098.jpg
小滝の向こうにF3が見える。
DSC00101.jpg
F3.ルートを探す。記録では左を上がり途中で右にシャワーでトラバース・・・・となっているがこの水量でシャワーは無理そう。どうもシャワーは苦手なのです。
IMGP0544.jpg
と言う事でここも左のルンゼから巻いた。が、怖かった。それにしても3つも続けて巻くと心がシボム。
DSC00108.jpg
気を取り直して「エイ!ヤッ!」
DSC00116.jpg
滝壺があると落ちてもドボンだけなので頑張ります。もちろん「溺れたら引っ張って」とロープを引いて行きます。
P1110487.jpg
絶滅危惧種の”沢ガール”(沢おばさん)。・・・・と思っていたら、この後で何人もの本物の”沢ガール”に会った。”山ガール”ブームは沢にも恩恵をもたらしているようだ。
山頂や尾根からの大パノラマも素晴らしいが、谷底にも絶景がありますよ。
DSC00117.jpg

IMGP0550.jpg
イワタバコの花。西丹沢の沢でよく見ます。こころが和みます。
DSC00123.jpg

P1110496.jpg

P1110501.jpg

DSC00128.jpg

DSC00131.jpg

DSC00135.jpg

DSC00138.jpg
雪渓か?氷河か?と思わせる真っ白な花崗岩の上を水が滑り下る。
DSC00140.jpg
テラテラのスラブを豹?のように”抜き足差し足”
DSC00142.jpg

DSC00162.jpg

DSC00181.jpg

DSC00184.jpg

DSC00186.jpg

IMGP0570.jpg

IMGP0571.jpg
あの~、付いて来ちゃあダメだってば!オイラが滑ったら諸共だよ! でも信頼されてるみたいで嬉しいかも。
DSC00189.jpg

DSC00194.jpg
ヤモリのポーズです。ペタッ
DSC00196.jpg
濡れたスラブを”ドロボーネコのように”抜き足差し足  (本人がいつも言う言葉です。念のため)
IMGP0588.jpg
流木がストレーナ(篩)のように沢を塞いでいる。
IMGP0592.jpg

DSC00197.jpg

IMGP0609.jpg
ヨッコラショ!
DSC00204.jpg
水は消えても花崗岩のルンゼは続く。
IMGP0616.jpg
山頂はもうまじか。
IMGP0618.jpg
やっと畔ヶ丸山頂でハイ!ポーズ。









関連記事
[ 2012/07/23 14:28 ] 沢登り | TB(0) | CM(7)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2012/08/15 13:13 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2012/08/15 13:11 ] [ 編集 ]
山NETはどんな会?
先生と生徒の沢登りの会ですか?
生徒さんは先生を褒めて褒めて持ち上げてチョットコメントが気になります。
[ 2012/08/04 16:09 ] [ 編集 ]
mt-sam
久しぶりに"山叔父さん""山叔母さん"と越後で会いたいねぇ~♪
[ 2012/08/01 19:38 ] [ 編集 ]
下棚沢
とても行きたかった沢なので感謝感激雨霰でございました~
なのでちょっとテンション高気味で、ついつい危険を省みずくっつき虫になってしまいました。ごめんなさい~
先生の教えは自分自身で考えるルート判断やビレーなどの工夫等々、またまた学習させてもらえました。
ありがとうございました☆

この地域も大昔に海底から隆起したと想像するのも楽しく、その美しさに惚れ惚れでした。倒木などはその自然に還ろうとしているかのようで、それはそれで受け止めざるを得ませんね~
[ 2012/07/24 10:24 ] [ 編集 ]
レンズの汚れだと思います。
逞しくもキリッと引き締まった身体の一部が霞が掛かったようになっていて、折角の写真なのにとても残念に思いました。
[ 2012/07/23 22:08 ] [ 編集 ]
アレッ!?ぼかし?
清水さん、いつもながら丹沢の名渓にご案内頂き、本当にありがとうございました☆
それにしても下棚沢は想像以上の綺麗な沢でした。大水に苔が洗われたのか、
ナメのフリクションはばっちり効き、ナメ大好きの私は本当に堪能させて頂きました(^▽^)/
畦ヶ丸山頂での清水さんのお腹のぼかしは・・・ 気のせいですね^^
いつもパワフルyamayaさんと下棚沢に拍手!!
[ 2012/07/23 17:26 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ucon

Author:ucon
団塊世代前の自称”昔の山男”です。仕事に追いまくられている間は山どころではなかったけど、定年を機に青春を懐かしんでまた登り始めました。これからドンドン友達を増やして、青春を取り戻そうと目論んでいます。・・が、2年前に変人(片腎(腎臓を1コ切除))になってしまいましたので、ガンガンは無理だよな~~・・分かってはいるけど・・おまけに性格も悪いしな~
PCアドレス
ucon3@mg.scn-net.ne.jp
携帯アドレス
ucon-no-higuma@ezweb.ne.jp

ようこそ”霧(kiri)”へ
ご訪問いただいた回数
また来てください。