FC2ブログ

”霧(kiri)”

自分で楽しんだ登山の記録を思い出しながらもう一度楽しんで書いています。 このブログを見ていただいた人に山や自然に興味をもっていただき、そして好きになって頂ければとてもうれしいです。 更にコメントをいただけるとなおうれしいです。コメントは山行名をクリックすると一番下に投稿欄が出ます。
”霧(kiri)” TOP > 沢登り > 火打沢(丹沢河内川)

火打沢(丹沢河内川)

日程  :2012年8月1日
メンバー:みかんさん、郁子さん、yamayaこと清水
ルート&コースタオム:棚沢キャンプ場6:40→6:50東屋→6:55第二堰堤→7:05F1→10:00ゴルジェ終了→11:50二俣→13:10奥の二俣→14:30登山道→15:45棚沢キャンプ場
(今回は下山路が短いのでノンビリ歩いていた。普通に歩けば2/3の時間を見れば良いと思う)
火打沢軌跡
標高400m付近まではゴルジェで両岸が切り立っているため、電波受信状況が悪く軌跡は乱れている。
記録  :
IMGP0733.jpg
棚沢キャンプ場は河内川(酒匂川)の右岸にあり、車は吊り橋を渡れない。
吊り橋は2つあり、一つは公道(歩道ですが)でもう一つはどうやらキャンプ場の専用吊り橋のようだ。
IMGP0736.jpg
橋を渡るとお茶畑の中の道を歩く。
IMGP0737.jpg
きれいなお茶畑が広がっている。
IMGP0739.jpg
指導標にそって行くと梅林の中を通る。
IMGP0741.jpg
不老山への登山道が斜面にかかる手前で左の火打沢横の道に出ると夏草の中に東屋があった。
この辺りは小さな園地になっているようだ。(あまり訪れる人はないようです)
IMGP0746.jpg
園地の上に一つ目の堰堤があり、この上は荒れた川原になっている。
奥の方に2つ目の堰堤が見える。
IMGP0748.jpg
見上げるような高さの堰堤でハシゴなどはなかった。(右に鎖があるとの記録もあるが無かった??)
IMGP0749.jpg
右の崩壊している斜面から小さく巻いて堰堤の上に出る。
IMGP0751.jpg
堰堤の上は更に荒れた川原で、すぐに沢は右に曲がる。曲がり角にF1が見え始める。
IMGP0752.jpg
F1.直登は無理そうなので巻き道を探す。
IMGP0755.jpg
左のルンゼになぜか長いロープがフィックスしてあった。これを使って落ち口にトラバースする。
IMGP0757.jpg
F1の上は沢らしくなってすぐに次の滝が見える。
IMGP0760.jpg
F2?が見えてきた。
IMGP0762.jpg
何とか登れないか?と偵察するがとても無理。
IMGP0763.jpg
右から小さく巻く。
IMGP0769.jpg
巻いている途中から見たF2
IMGP0774.jpg
F3は左から巻く。巻いてばかりでストレスが溜まってきた。
IMGP0776.jpg
沢床を進む。
IMGP0778.jpg
快適に。
IMGP0780.jpg
これはどこから?
IMGP0784.jpg
右のルンゼを登れば何とかなるか?
IMGP0789.jpg
ルンゼの上部。この左のブッシュの陰にルートがと目論んだが結果はツルツルの垂壁で無理とわかった。
IMGP0790.jpg
仕方ないので右上にあった木を支点にして懸垂で下る。もちろん無理な場合はこの木を使ってと最初から計算済みで取り付いた。エヘン!
DSC00320.jpg
仕方ないので少し戻って右岸の壁にあるフィックスを使って巻く。
IMGP0794.jpg
ゴルジェに戻って小滝を快適に越えて行く。
IMGP0796.jpg
IMGP0797.jpg
IMGP0798.jpg
IMGP0800.jpg
いままで巻きばかりだったから楽しい。
DSC00339.jpg
ナメ滝確保の図。ビレー点がないので手で持っているだけです。これでいいのか??いいのです。
IMGP0807.jpg
ゴルジェ最後の滝も登れないので少し戻って右岸に打たれたハーケンを頼りにいやらしいバンドを伝って尾根にでる。
IMGP0811.jpg
この辺りがイヤだった。
IMGP0813.jpg
巻きの途中から見たゴルジェ最後の滝。
IMGP0814.jpg
尾根を下って沢に戻る。
IMGP0815.jpg
IMGP0816.jpg
ゴルジェを越えるとナメと登れる滝が続く。
IMGP0821.jpg
IMGP0822.jpg
IMGP0824.jpg
IMGP0825.jpg
IMGP0827.jpg

IMGP0830.jpg
IMGP0832.jpg
IMGP0834.jpg
IMGP0835.jpg
IMGP0836.jpg

IMGP0841.jpg
IMGP0843.jpg
IMGP0844.jpg
IMGP0846.jpg
シャワーを楽しむ。
IMGP0849.jpg
水も消えかかってきた。ブッシュや倒木がわずらわしい。
IMGP0852.jpg
水流が消えたら右の植樹林帯に入り歩きやすいところを登る。
IMGP0853.jpg
不老山から棚沢への登山道にでる。1時間下れば棚沢キャンプ場にでる。

同行者”みかんさんの”記録



終わり

関連記事
[ 2012/08/03 10:30 ] 沢登り | TB(0) | CM(2)
河内川火打沢
登攀的な滝が続いていると聞き私には腰が引けましたが、清水さんのストレスとはウラハラに巻き巻きが楽しゅうございました。四肢や身体、精神をも総動員しての登りは楽しい~
入渓点は標高200mというのも珍しく、里山に秘めたる谷がこんなに楽しいとは~
後半のナメナメとシャワークライミングが最高!!でしたね~
個人的には愛おしさを感じ、心に残る沢になりました~
[ 2012/08/03 22:07 ] [ 編集 ]
☆楽しかったです☆
何となくイメージしていた火打沢は険悪な渓。やはり想像通りの厳しい渓でした!
すぐ隣は穏やかなお茶畑。一歩渓に入れば15mクラスの滝が次から次へと・・・
yamayaさんのお蔭で今回も楽しく、面白く、そしてとっても素晴らしい沢が出来ました。
上部はナメとナメ滝の連続で本当に楽しかった♪ 幸せ気分最高潮(^▽^)/
yamayaさん、そして素適な火打沢にありがとうございました☆
[ 2012/08/03 15:39 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ucon

Author:ucon
団塊世代前の自称”昔の山男”です。仕事に追いまくられている間は山どころではなかったけど、定年を機に青春を懐かしんでまた登り始めました。これからドンドン友達を増やして、青春を取り戻そうと目論んでいます。・・が、2年前に変人(片腎(腎臓を1コ切除))になってしまいましたので、ガンガンは無理だよな~~・・分かってはいるけど・・おまけに性格も悪いしな~
PCアドレス
ucon3@mg.scn-net.ne.jp
携帯アドレス
ucon-no-higuma@ezweb.ne.jp

ようこそ”霧(kiri)”へ
ご訪問いただいた回数
また来てください。