FC2ブログ

”霧(kiri)”

自分で楽しんだ登山の記録を思い出しながらもう一度楽しんで書いています。 このブログを見ていただいた人に山や自然に興味をもっていただき、そして好きになって頂ければとてもうれしいです。 更にコメントをいただけるとなおうれしいです。コメントは山行名をクリックすると一番下に投稿欄が出ます。
”霧(kiri)” TOP > ハイキング > 日向山

日向山

日向山
日程  :2012年8月20日
メンバー:Iさん、yamaya
コース&タイム:登山口6:50→8:50山頂10:00→10:40錦滝11:40→12:20登山口
日向山軌跡
 登山口辺りの登山道は地形図と実際は少し違うので注意・・と言っても広く整備された一本道なので心配はありません。
記録
 先日喘ぎながら黒戸尾根を登っていたとき苦し紛れに「次回はあそこでハイキングしよう」と言ったのが始まりでまた来ました。暑いかな?と思ったらガスっていたこともあり意外とさわやかでした。
予想通りノンビリ歩いて、山頂で1時間休んで、錦滝の東屋で1時間おしゃべりして、それでも昼には車に戻れました。11月初旬頃の紅葉もまた来たい山です。駒ケ岳が見えなかったのが残念。

 駐車場は無いが登山道付近の林道が広くなっているので10台くらい駐車できる。
 しかし、紅葉のシーズンなどは林道のもっと下に駐車することになるのだろうか。
P1110902.jpg
少し登った所にある炭焼き釜。普通は天井が壊れているものが多いがこれはシッカリしていた。
周りは炭に良さそうな雑木林で「ヤッパリこれも人の手で造られた林なのだね・・・」などと話しながら歩く。
P1110904.jpg
道は広く緩やかで歩きやすい。周りは広葉樹の森で気持ちよい。
P1110905.jpg
そろそろ山頂が近くなったのかユッタリした尾根になってきた。
P1110906.jpg
P1110912.jpg
森からイキナリ白い砂地に飛び出した。
P1110915.jpg
花崗岩が風化した砂だ。でもあまり崖のほうに寄るとズルズルと滑って落ちそうで怖い。
P1110931.jpg
P1110934.jpg
P1110936.jpg
P1110943.jpg
P1110907.jpg
西の景色。山肌が崩れているところは真っ白だ。
今日は天気がいいのに駒ケ岳方面はガスで見えなかった。
P1110944.jpg
白ザレを下ると鞍部になる。錦滝方面は左へ、標識があります。
まっすぐ行くと大岩山を経て三ツ頭(駒ケ岳と鋸岳の中間)へ出ます。が、基本的に道はありません。
P1110951.jpg
錦滝への下り口。ここから樹林の中に入ってゆく。
林の中はかなりの急斜面に道はシッカリついているが転ばないように注意。
P1110952.jpg
シッカリした鉄ハシゴ。
P1110957.jpg
錦滝。ほぼ直瀑で高さは見えるところで20mくらいか? 登るとすれば・・などと目でクライミングを楽しむ。
P1110959.jpg
東屋がありました。
P1110962.jpg
帰り道の林道。車が通らなくなって久しいらしい。
P1110963.jpg
林道に氷の塊が!・・と思ったら新しい花崗岩の崩れ落ちた岩だった。
P1110965.jpg
ここも大きく崩れている。落石があるかも知れないから素早く通り過ぎよう。

真夏のこの季節なのに花が見られました。
hana1.jpg
名前は?
hana2.jpg
ホタルブクロ
hana3.jpg
フジアザミのツボミ。ゴボウのような葉っぱでもアザミ?
hana4.jpg
普通?のアザミ。葉っぱはアザミらしい。
hana5.jpg
いま流行のナデシコのような花。カーネーションの原種かな~
hana7.jpg
ガクアジサイ?

帰りは近くの名水公園で汗を流しました。
講演の入り口で支払う入園料が200円、入浴は500円で合計700円です。
関連記事
[ 2012/08/21 11:41 ] ハイキング | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ucon

Author:ucon
団塊世代前の自称”昔の山男”です。仕事に追いまくられている間は山どころではなかったけど、定年を機に青春を懐かしんでまた登り始めました。これからドンドン友達を増やして、青春を取り戻そうと目論んでいます。・・が、2年前に変人(片腎(腎臓を1コ切除))になってしまいましたので、ガンガンは無理だよな~~・・分かってはいるけど・・おまけに性格も悪いしな~
PCアドレス
ucon3@mg.scn-net.ne.jp
携帯アドレス
ucon-no-higuma@ezweb.ne.jp

ようこそ”霧(kiri)”へ
ご訪問いただいた回数
また来てください。