FC2ブログ

”霧(kiri)”

自分で楽しんだ登山の記録を思い出しながらもう一度楽しんで書いています。 このブログを見ていただいた人に山や自然に興味をもっていただき、そして好きになって頂ければとてもうれしいです。 更にコメントをいただけるとなおうれしいです。コメントは山行名をクリックすると一番下に投稿欄が出ます。
”霧(kiri)” TOP > その他 > 腎臓と山

腎臓と山

変なタイトルだですがプロフィールに紹介したように私は片腎(腎臓が片方しかない人の意)です。
最近、これから腎臓を切除する予定の人から以下のようなメールを頂きました。
「私は片方の腎臓切除を医師から言い渡されたが残った一つの腎臓で好きなクライミングが出来るのか不安で”片腎””クライミング”で検索したらこのブログに行きあたった。片腎になってもかなりのことが出来ることが分かり少し安心できました」と。
このメールを頂いて片腎であることをブログで公表したことが少しだけれど役立ったのかと嬉しくなりました。
そこで気を良くしてもう少し詳しく書くことにした次第です。

 切除の理由:腎臓癌
 手術日  :2009年12月4日
 転移について:腎臓癌の転移はリンパ腺と肺だそうです。
 術後の経過:2年半の現在、MRIの検査では転移は見られていません。
 体調   :切除前と変わりません。
       腎臓は血液中の老廃物を除去する機能があるので2個が1個になれば処理能力が
半分になり、血液中に老廃物が残って疲労感が溜まったり、踏ん張りの限界が低
       くなるのではないか?などと素人目に心配したのですが現在の私の運動量(ブロ
       グを見てください)では全く自覚しません。
 クレアチニン:クレアチニンは筋肉の運動によって生じた老廃物の一つで腎臓機能をみるとき
        に使われます。
       正常値は男性で0.6~1.2位ですが私は手術前が0.75、術後が1.4に増えました。
       ここから見る限り機能は低下しています。
       医師の説明では半分になったのだからクレアチニンが2倍になるのは当たり前。
       だからといって生活や体調に影響は無い!とのことでした。これが増えるようだ
       と何らかの原因で残った腎臓の機能が低下しているのでそれなりの対応が必要
だ。ということです。
       事実、自分では疲れやすさや限界が変わったと感じていません(年齢によるもの
       を差し引いて)
 普段の生活での注意:医師に聞いたところ特に無い。とのことです。強いて言えば水分を多め
       に取って暴飲暴食を控えて糖尿病などの成人病にならないようにとのことでした。 
 現在の結論:腎臓が一つになったことで普段の生活に不都合はありません・・・いまのところ・・

※じつはもう一つ気になる病気を持っていますのでまた後で書きます。
   いやらしい思わせぶりな引っ張りのようですけど・・


関連記事
[ 2012/08/22 11:14 ] その他 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ucon

Author:ucon
団塊世代前の自称”昔の山男”です。仕事に追いまくられている間は山どころではなかったけど、定年を機に青春を懐かしんでまた登り始めました。これからドンドン友達を増やして、青春を取り戻そうと目論んでいます。・・が、2年前に変人(片腎(腎臓を1コ切除))になってしまいましたので、ガンガンは無理だよな~~・・分かってはいるけど・・おまけに性格も悪いしな~
PCアドレス
ucon3@mg.scn-net.ne.jp
携帯アドレス
ucon-no-higuma@ezweb.ne.jp

ようこそ”霧(kiri)”へ
ご訪問いただいた回数
また来てください。